CLOSE クロース 作品情報

くろーす

CLOSE クロースのイメージ画像1

花卉(かき)農家の息子のレオと幼馴染のレミ。昼は花畑や田園を走り回り、夜は寄り添って寝そべる。24時間365日ともに時間を過ごしてきた2人は親友以上で兄弟のような関係だった。13歳になる2人は同じ中学校に入学する。入学初日、ぴったりとくっついて座る2人をみたクラスメイトは「付き合ってるの?」と質問を投げかける。「親友だから当然だ」とむきになるレオ。その後もいじられるレオは、徐々にレミから距離を置くようになる。ある朝、レミを避けるように一人で登校するレオ。毎日一緒に登下校をしていたにも関わらず、自分を置いて先に登校したことに傷つくレミ。二人はその場で大喧嘩に。その後、レミを気にかけるレオだったが、仲直りすることができず時間だけが過ぎていった。ある日、課外授業にレミの姿はなかった。心ここにあらずのレオは、授業の終わりに衝撃的な事実を告げられる。それは、レミとの突然の別れだった。移ろいゆく季節のなか、自責の念にかられるレオは、誰にも打ち明けられない想いを抱えていた。

「CLOSE クロース」の解説

鮮やかな花畑や田園を舞台に、無垢な少年に起こる残酷な悲劇と再生を描き、誰もが経験する「あの日」の後悔と孤独、大人になるまでの痛みや軌跡を重ねる物語。第75回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞。13歳のレオとレミは大親友だったが、中学校に入学後、クラスメイトにその親密さをからかわれて気まずくなる。監督は前作「Girl/ガール」で第71回カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞したルーカス・ドン。主人公のレオと幼馴染のレミを、エデン・ダンブリンとグスタフ・ドゥ・ワエルが演じ、俳優デビューを飾った。

CLOSE クロースのイメージ画像1 CLOSE クロースのイメージ画像1 CLOSE クロースのイメージ画像1

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2023年7月14日
キャスト 監督ルーカス・ドン
出演エデン・ダンブリン グスタフ・ドゥ・ワエル エミリー・ドゥケンヌ レア・ドリュッケール ケヴィン・ヤンセンス マーク・ワイス イゴール・ヴァン・デッセル レオン・バタイユ
配給 クロックワークス=STAR CHANNEL MOVIES(提供:クロックワークス=東北新社)
制作国 ベルギー=オランダ=フランス(2022)
上映時間 104分
公式サイト https://closemovie.jp/

(C)Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

動画配信で映画を観よう! [PR]

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「白うさぎ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2023-07-24

圧倒的な映像美と音楽、生きて行く中で誰もが経験するであろう、甘酸っぱい感情、ほろ苦く、自分ではどうすることも出来ない衝動、後悔しても決して取り戻すことが出来ないもの、その思いは、深くいつまでも心に刺さる。時間だけがその思いを和らげる。
人は大切なものを失って初めて、その大切さに気付く。
会いたい。その言葉に、涙が溢れた。何度後悔しても、過去は取り戻せない。それでも、未来がある。一筋の光が差す。経験は全て糧になる。自分自身を成長させる。
君の名前で僕を呼んで。を観た時の思いが重なりあった。記憶に残る素敵な作品だ。沢山の人に観てもらいたい。そう心から願う。

最終更新日:2024-05-28 10:52:06

広告を非表示にするには