超伝合体ゴッドヒコザ 作品情報

ちょうでんがったいごっどひこざ

超伝合体ゴッドヒコザのイメージ画像1
超伝合体ゴッドヒコザのイメージ画像2

愛知県幸田町の超宇宙科学研究所(UISAS:ウイサス)の研究員・大久保忠雄は、愛知県のヒーロー大久保彦左衛門の子孫であり、同級生の研究員・馬場貴穂とは互いに好意を抱いていた。ある日研究所に新人研究員・音無優里亜が入ってきた。忠雄は彼女に気を惹かれ、同僚の芳樹と恋の三角関係に発展する。ある日、忠雄と貴穂は本光寺の境内から発光する不思議なこけし人形を発見。時を同じくして、チョウザメ怪人が現れ、町が襲われる。忠雄と貴穂が無我夢中でこけしをかざすと、二人は合体し、こけし型ロボット「ゴッドヒコザ」の姿になり怪人を蹴散らす。江戸時代、大久保彦左衛門は邪悪宇宙人シャチホコーンに対抗するため、正義の宇宙人ゴッドネス星人から与えられたこけし型からくり人形を使い戦ったのだった。いま、400年の時を超え、再びゴッドネス星人とシャチホコーンの因縁の対決が復活。果たしてゴッドヒコザは幸田町を、地球を救うことができるのか?

「超伝合体ゴッドヒコザ」の解説

70~80年代に大流行した合体ロボットアニメのテイストを取り入れた娯楽特撮B級映画。愛知県のヒーロー、大久保彦左衛門の子孫が男女合体ロボット「ゴッドヒコザ」に変身して悪の宇宙人と戦う。「いかレスラー」「地球防衛未亡人」の河崎実監督が、愛知県幸田町の町おこしのために製作した。合計三つの形態となるスーパーロボット「ゴッドヒコザ」を河崎監督お得意の着ぐるみとCGの併用で表現。出演は八神蓮、綾瀬はるかのモノマネの沙羅、元SKE48の磯原杏華、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』の南翔太、『ウルトラマンA』の佐野光洋。イジリー岡田が初の悪役を演じている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年8月19日(金)池袋シネマ・ロサ、ヒューマントラストシネマ渋谷(※8/19,20,21限定上映)他全国ロードショー公開予定
キャスト 監督河崎実
出演八神蓮 沙羅 磯原杏華 南翔太 谷口洋行 澄川友哉 佐野光洋 イジリー岡田
配給 エクストリーム
制作国 日本(2022)
上映時間 71分
公式サイト https://god-hikoza.com/

(C)2022 ゴッドヒコザプロジェクト

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「超伝合体ゴッドヒコザ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-08-18 02:00:07

広告を非表示にするには