コクリコ坂から 作品情報

こくりこざかから

東京オリンピック開催を目前に控えた1963年の横浜。女系家族の長女である松崎海(声:長澤まさみ)は高校二年生。父を海で亡くし、仕事を持つ母・良子(風吹ジュン)をたすけて、下宿人もふくめ6人の大世帯の面倒を見ている。そんな海は、同じ高校に通う新聞部の部長・風間俊(岡田准一)に心を寄せるのだが……。

「コクリコ坂から」の解説

高橋千鶴・佐山哲郎の同名コミックを原作に、「崖の上のポニョ」の宮崎駿が企画・脚本、「ゲド戦記」の宮崎吾朗が監督を担当するスタジオジブリ作品。1963年の横浜を舞台に、16歳の少女と17歳の少年の出会いと交流、まっすぐに生きる姿を描く。声の出演は「岳 ガク」の長澤まさみ、「SP」シリーズの岡田准一、「レオニー」の竹下景子、「死にゆく妻との旅路」の石田ゆり子、「八日目の蝉」の風吹ジュン。

高橋千鶴、佐山哲郎の同名漫画を、「ゲド戦記」の宮崎吾朗が映画化。高度成長期の真っ只中にある60年代の横浜を舞台に、歴史的建造物の保存をめぐる騒動を通して出会った17歳の少年と16歳の少女が、心を通わせていく姿を温かに紡いでいく。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年7月16日
キャスト 監督宮崎吾朗
原作高橋千鶴 佐山哲郎
出演(声)長澤まさみ 岡田准一 竹下景子 石田ゆり子 風吹ジュン 内藤剛志 風間俊介 大森南朋 香川照之 柊瑠美
配給 東宝
制作国 日本(2011)
上映時間 91分
公式サイト http://www.kokurikozaka.jp/

ユーザーレビュー

総合評価:3.8点★★★☆、42件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2023-07-15

🐫本篇の公式サイトでプロダクション・ノート等も読む。コクリコ荘のイメージは神奈川近代文学館辺りだと云う。急な坂の港の見える丘のイメージはあそこかと想った‼又阿佐ヶ谷にはラピュタなる老舗の名画座が在って本篇のようなレトロな名作に憧れた時代の邦画が暫し上映されて居る。其処もまた秘密の隠れ家或いはオアシス🐪

最終更新日:2024-07-18 16:00:02

広告を非表示にするには