フジコ・ヘミングの時間 作品情報

ふじこへみんぐのじかん

日本人ピアニストの母と若きロシア系スウェーデン人デザイナーの父を両親として、ベルリンに生まれたフジコ・ヘミング。父と別れ、東京で母の手ひとつで育った彼女は、5歳から母の手ほどきでピアノを始める。東京芸術大学を経て、NHK毎日コンクール入賞、文化放送音楽賞など多数受賞し、30歳でドイツへ留学する。ベルリン音楽学校を優秀な成績で卒業すると、その後長年にわたりヨーロッパに在住し、演奏家としてのキャリアを積みながら、レナード・バーンスタインなど世界的音楽家からの支持を獲た。しかし、一流の証となるはずのリサイタル直前に風邪をこじらせ、聴力を失ってしまう。失意のなかストックホルムに移住し、耳の治療の傍ら、音楽学校の教師の資格を取得し、ピアノ教師をしながら欧州各地でコンサート活動を続ける。1999年、リサイタルとNHKのドキュメント番組が大反響を呼び、リリースしたデビューCD『奇蹟のカンパネラ』はクラシック界異例の大ヒットを記録した。これまで2枚のCDで日本ゴールドディスク大賞、4度にわたる各賞のクラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞し、モスクワ・フィル、ロイヤル・フィルなど世界各地の著名オーケストラと共演を果たした。現在、ヨーロッパをはじめ、北米、南米、ロシアなど世界中からリサイタルのオファーが絶えず、年間70本近くの公演活動で多忙を極めながら、猫や犬をはじめ動物愛護への関心も深く、長年チャリティー活動も続けている。パリ、ニューヨーク、アルゼンチン、ベルリン、京都……。世界を巡るフジコの心震えるワールドツアーでの演奏や、自宅で愛する猫たちに囲まれて暮らすプライベートに迫る。

「フジコ・ヘミングの時間」の解説

ピアニストのフジコ・ヘミングの軌跡からプライベートまで密着した初のドキュメンタリー。スウェーデン人の父との別離、母からの厳しいレッスン、ハーフへの差別、貧しい留学生活、聴力の喪失など苦難を乗り越え、夢を諦めなかった彼女の人間性と音楽に迫る。監督は、様々なミュージシャンのMVやドキュメンタリーを手掛ける小松莊一良。

ピアニストのフジコ・ヘミングの軌跡からプライベートまで密着したドキュメンタリー。スウェーデン人の父との別離、母からの厳しいレッスン、ハーフへの差別、貧しい留学生活、聴力の喪失などの苦難を乗り越え、夢を諦めなかった彼女の人間性と音楽に迫る。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年6月16日
キャスト 監督小松莊一良
出演フジコ・ヘミング 大月ウルフ
配給 日活
制作国 日本(2018)
上映時間 115分

(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「花*花」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-08-19

フジコさんが大好きで、映画を見に行きましたが、何はともあれ映像の素晴らしさに見とれ、あっという間の時間でした、フジコさんの可愛らしさには参りました、好き、嫌い、がはっきり言える、ご本人もおっしゃってましたが、いつまでも少女のままで、可愛らしい絵日記にも何だかポロポロ涙が止まらなかったです、絵日記を読まれるナレータ-の声質も絵日記にピッタリの声でした、猫ちゃん、犬ちゃんに接する愛情には頭が下がりっぱなしで、また物を大事にする気持ちも手に取るようにわかりました、素晴らしいの一言です、フジコさんも当たり前のように全て楽譜無しの演奏に頭下がりっぱなしです、ピアノ演奏者は暗譜が基本だと言われてますが、なかなか真似の出来ることではありません、この映画映像の素晴らしさに今まで、10回は映画館に足を運んで見に行ってます、まだまだエンドレスで見たい気持ちでいっぱいです。

最終更新日:2024-06-19 02:00:01

広告を非表示にするには