種まく旅人 くにうみの郷 作品情報

たねまくたびびとくにうみのさと

実り豊かな海と土壌に恵まれた瀬戸内海最大の島、淡路島。この島に、農林水産省の地域調査官・神野恵子(栗山千明)が赴任してくる。アメリカから帰国したばかりの恵子は、次官の太田(永島敏行)から“日本の第一次産業の現状をもっと知らなければダメだ”と、命じられて来たのだ。出向先は市役所の農林水産部。早速、調査を開始した恵子は、ベテラン職員の津守(豊原功補)に案内され、漁業組合長の桜井(重松収)が営む海苔の養殖場を訪れる。だが、配慮を欠いた恵子の言葉は、従業員・豊島渉(三浦貴大)の反感を買ってしまう。その夜。創作料理を出すハル(音月桂)の店で、タマネギ農家の四代目、豊島岳志(桐谷健太)と知り合う恵子。岳志は家業を嫌って一度は東京の広告会社に就職したものの、父親の急死を機に島へ戻り、仲間とブランド野菜を特定のルートで販売するビジネスを始めようとしていた。タマネギと海苔。島の山と海を代表する特産物に興味を持った恵子は、畑や養殖場に通い始め、岳志と渉の兄弟間の確執を知る。岳志が東京に出た後、弟の渉は父親と一緒にタマネギを作っていたが、ある時、家を飛び出して海苔の養殖業に転身。そのことを父の葬儀の席で知った岳志が渉を責めて以来、2人は口も利かなくなっていた。そんなある日、恵子は島の伝統作業“かいぼり”の存在を知る。“かいぼり”とは、灌漑用の池の水を抜き、堆積した草木や土砂を取り除く作業のこと。山の栄養が海に流れ、やがて豊かな海のミネラルが畑に還ることから、畑と海の両方にメリットがあったが、15年前から途絶えていた。恵子は痩せてきた海を元に戻すために、かいぼりの復活を主張。関係各所にもその必要性を説いて回る。やがてその熱意が認められ、島を挙げての準備が始まった。そんな中、岳志たちが独占契約していた食品会社が倒産。会社設立の計画が暗礁に乗り上げた岳志は、廃業を決意。島を出ていこうとするが……。

「種まく旅人 くにうみの郷」の解説

瀬戸内海の淡路島を舞台に、農林水産省から出向してきた女性官僚が、確執を抱える兄弟や地元の人々との交流を通じて成長してゆく姿を描いたドラマ。淡路島でオールロケ撮影が行なわれている。出演は、「図書館戦争」の栗山千明、「くちびるに歌を」の桐谷健太、「繕い裁つ人」の三浦貴大。監督は「小川の辺」の篠原哲雄。

第一次産業をテーマに描く「種まく旅人」シリーズ第2弾。農林水産省から地域調査員として淡路島に赴任したアメリカ帰りの官僚・恵子は、島の特産物のタマネギ農家で働く岳志と、海苔作りに励む渉に出会う。兄弟である二人は長く仲違いしていて……。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年5月30日
キャスト 監督篠原哲雄
出演栗山千明 桐谷健太 三浦貴大 谷村美月 音月桂 根岸季衣 山口いづみ 永島敏行 豊原功補 重松収
配給 松竹
制作国 日本(2015)
上映時間 111分

(C)2015 映画「種まく旅人 くにうみの郷」製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「種まく旅人 くにうみの郷」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-28 10:52:00

広告を非表示にするには