ミカエル 作品情報

みかえる

著名な画家ゾレの養子となった青年画家ミカエルは、美しい公爵夫人に魅せられたあげく、ついにゾレを裏切りはじめる…。

「ミカエル」の解説

デンマークの作家、ヘアマン・バングの自伝的小説「ミカエル」を、カール・Th・ドライヤーが自身の趣向を織り込んで映画化。著名な画家・ゾレと、彼が養子に迎えた青年画家、美しき公爵夫人との三角関係を通して、人間の欲望と愛憎を描く。主人公の画家を演じるのは、ドライヤーが尊敬していたデンマークの映画監督、ベンヤミン・クリステンセン。2003年10月11日より、東京・有楽町朝日ホール、京橋・フィルムセンター、渋谷・ユーロスペースにて開催された「聖なる映画作家、カール・ドライヤー」にて上映。2023年12月23日より、シアター・イメージフォーラムほか全国で開催の「カール・テオドア・ドライヤー セレクション vol.2」にて、劇場上映。(配給:ザジフィルムズ)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年10月30日
キャスト 監督カール・Th・ドライヤー
原作ヘアマン・バング
出演ベンヤミン・クリステンセン ヴァルター・シュレツァク ノラ・グレゴール グレーテ・モスハイム アレクサンダー・ムルスキ ロバート・ガリソン マックス・アウツィンガー ディディエ・アスラン カール・フロイント ヴィルヘルミーネ・ザンドロック
制作国 ドイツ(1924)
上映時間 89分

(C) 2016 Friedrich-Wilhelm-Murnau-Stiftung

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「創世記・失楽園」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2024-02-02

時代を感じさせる作風。

女性のファションは、流行を追うので、ハッキリとその時代を感じさせる。

男性の場合は、執事長のコスチュームは、明らかに違うが、ゾレ、ミカエルに於ては、正装に近いので、今観ても、二人は、古めかしく感じない。

創世記、失楽園をモチーフにしたと思われる作品。

画家は、創造主としての父、ミカエルは、アダム、夫人は、イブ(エバ)と言ったところ。

画家ゾレが、何度裏切られようと、養子であるミカエルを寛容に許す行為、最初は、誤解しそうだが、息子をかばい、時に、頭を撫でる(西洋では頭を撫でないと聞いていたが)シーンに表れている。すべては息子に託すにも表れている。

映画とは、ボケ。

ホラー、コメディ、ジャンルを問わず、ボケ通すと突っ込みは入らないが、中途半端だと突っ込みが入る。

どんな映画も、冷静に鑑賞すると突っ込みどころ満載。それが当たり前、映画なんですから。

ボケ通せれば、成功、正に、勝利者。

最終更新日:2024-06-13 02:00:02

広告を非表示にするには