僕と妻の1778の物語 作品情報

ぼくとつまのせんななひゃくななじゅうななのものがたり

SF作家の朔太郎〈サク〉(草なぎ剛)と銀行に勤める妻・節子(竹内結子)は高校1年の夏休みに初デートをして以来、16年経った今でも仲睦まじい同い年の夫婦。ロボットの人形や宇宙船の模型を飾った書斎でSF世界に思いを巡らせながら、日々の創作活動に励むサクを節子は誰よりも理解し、誇りに思っていた。だが、SF小説自体の人気が下降線をたどる中、サクは編集者の新美(陰山泰)から恋愛小説を書くよう勧められる。朔太郎と同時にデビューした作家で、彼の友人でもある滝沢(谷原章介)はSFから恋愛小説に転向、今や人気絶頂の売れっ子として妻の美奈(吉瀬美智子)共々豊かな暮らしを送っていた。そんなある日、節子は不意に腹痛を覚え、妊娠の兆候かもしれないと病院を訪れるが、直ちに手術が行われ、サクは外科医の松下(大杉漣)から節子が大腸がんに冒されていると聞かされる。余命は1年。宣告を受けたサクは事実を胸にしまい込み、抗がん剤を始めることになった節子に「必ず治る」と笑顔で告げる。節子の病室には、娘の身を案じる母・晴子(風吹ジュン)も見舞いに訪れた。やがて節子が退院の日を迎え、その時、松下から「笑うことで免疫力が上がることがあるそうです」と言われたサクは、がん細胞を撃退できるような笑える小説を書こうと決意する。こうして1日1篇、原稿用紙3枚以上の短編を、世界でたったひとりの読者のために書き綴る日々が始まった……。余命を告げられてから1年、宣告が現実になることはなかった。1日1話の執筆が1周年を迎えた日には、滝沢夫婦や新美が開いてくれたお祝いのパーティーを楽しむこともできたサクと節子。しかし、2年、3年と経つにつれ節子の容態は少しずつ確実に悪化していく。そんな中、サクは滝沢から「書き続けることで、節子が死に向かう現実から目を背けているだけではないか」と指摘され、気持ちをぐらつかせ始める……。

「僕と妻の1778の物語」の解説

「なぞの転校生」などの原作者、眉村卓とその夫人の実話をベースに、「笑の大学」の星護監督が映画化。余命1年と宣告された妻のために毎日欠かさず短編を書き続けたSF作家の姿を描く。出演は「BALLAD 名もなき恋のうた」の草なぎ剛、「FLOWERS フラワーズ」の竹内結子、「天使の恋」の谷原章介、「死刑台のエレベーター」の吉瀬美智子、「インスタント沼」の陰山泰など。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年1月15日
キャスト 監督星護
原作眉村卓
出演草なぎ剛 竹内結子 谷原章介 吉瀬美智子 陰山泰 小日向文世 浅野和之 佐々木すみ江 大杉漣 風吹ジュン
配給 東宝
制作国 日本(2010)

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、21件の投稿があります。

P.N.「苦労人」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2011-07-20

32歳の若さで大腸がんになって手術して飛び散ったのに5年近くも長生きするなんておかしい。治療してる間禿げもしないし。美談にしないで。もっと悲しい思いや辛い思いした人に失礼。

最終更新日:2024-05-28 10:51:35

広告を非表示にするには