マックス・ペイン 作品情報

まっくすぺいん

ニューヨーク市警の刑事マックス・ペイン(マーク・ウォールバーグ)は、自宅に押し入った3人組の暴漢に妻ミシェルと幼い愛娘を殺される。犯人の二人はその場で射殺したものの、残る一人は逃亡。後悔の念に苛まれるマックスは、未解決事件班に籍を置き、単独で捜査を続けていた。そんな中、あるナイトクラブでマックスはドラッグ中毒だったらしき美女ナターシャ(オルガ・キュリレンコ)と出会う。彼女はマックスを誘惑するが、マックスはその気になれず追い払い、その帰り道にナターシャは惨殺される。元警官で現在はミシェルが勤めていた大手製薬会社エーシル社の役員ヘンズリー(ボー・ブリッジス)は、マックスの数少ない理解者だが、警察署内の捜査官はマックスを疑っていると警告する。内務捜査官のブラヴーラ(クリス・‘リュダクリス’・ブリッジス)にもマークされ、ますます孤立無援のマックス。さらに、ナターシャの姉でロシア人ギャングのモナ(ミラ・クニス)も、マックスを犯人と思い込み復讐しようとしていた。マックスは、ナターシャが死の直前に連絡を取ったオーウェンという人物が事件の鍵を握るとにらんで、モナを説得し、共にオーウェンのアパートに向かったが、彼は二人の目の前で部屋の窓から落下し絶命する。その後、二人はタトゥー・ショップを訪ね、ナターシャの“羽”のタトゥーが、スカンジナビアに伝わるヴァイキングのお守りということを知る。マックスは、エーシル社のマークにも羽があしらわれていることに気付き、ミシェルの上司だったコルヴィン(クリス・オドネル)に面会、妻が死の直前に携わっていたプロジェクトについて詰問すると、彼はナターシャ殺しの犯人を明かした。彼女が溺れていたドラッグ、羽を持つといわれている謎の男ルピノ(アマウリー・ノラスコ)、エーシル社と事件の関わり……。様々な謎がひとつの線で結びついたとき、マックスは真の敵に立ち向かう決意をするのだった……。

「マックス・ペイン」の解説

世界中を熱狂させた同名コンピューター・ゲームを「オーメン」(2006)のジョン・ムーア監督が映画化したサスペンス・アクション。出演は「ディパーテッド」のマーク・ウォールバーグ、「007/慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ、「寝取られ男のラブ♂バカンス」のミラ・クニス、「さらば、ベルリン」のボー・ブリッジスなど。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年4月18日
キャスト 監督ジョン・ムーア
出演マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス ボー・ブリッジス クリス・“リュダクリス”・ブリッジス クリス・オドネル アマウリー・ノラスコ オルガ・キュリレンコ
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2008)
年齢制限 PG-12
上映時間 100分

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「アリスとテレス」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2009-04-18

使い古された、妻子を殺された刑事の復讐物なんだけど、ストーリーは散漫、登場人物も整理されてない上に掘り下げ不足。アクションもカタルシスに欠け、スローモーション描写も過去に見たような感じ。オルガ・キュリレンコの出番の少なさと、昔カッコ良かったクリス・オドネルの変貌ぶりがいちばんの衝撃(笑)

最終更新日:2022-07-26 11:03:34

広告を非表示にするには