スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007) 作品情報

すうぃーにーとっどふりーとまちのあくまのりはつし

19世紀のロンドン。フリート街に、ベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)が帰ってくる。かつて街の理髪師として妻と娘に囲まれ幸福な日々を過ごしていた彼は、妻に横恋慕した悪徳判事ターピン(アラン・リックマン)の陰謀によって無実の罪を着せられ流刑となっていた。脱獄に成功した彼は風貌を変えて“スウィーニー・トッド”と名乗り、15年ぶりに舞い戻ったのだ。しかし、彼を待っていた事実は残酷だった。愛する妻は毒をあおり、娘はターピンの養女となって幽閉されているという。怒り狂ったトッドは、ターピンへの報復のために生きることを決意する。ロンドンでいちばんまずいパイ屋としても知られる大家のミセス・ラベット(ヘレナ・ボトム=カーター)と手を組んだトッドは、ふたたびパイ屋の2階に理髪店を開業した。そして、ベンジャミン・バーカー時代の客が訪れるたびに、カミソリで喉をえぐっては血の海に沈めていった。ペダルを踏むと床が開いて、死体が1階の遺体置き場へと落下する装置をトッドは考案し、その肉からラべットが特製ミートパイを作って販売する。残った臓器は、焼却炉で焼かれた。特製ミートパイは評判を呼んで、飛ぶように売れはじめた。ラベットが夢見るのは、トッドとの幸せな生活だったが、トッドは復讐心にのみ燃えていた。やがて、ターピン判事への復讐も成功する。それでも、ひとを殺す快感に目覚めたトッドの凶行は止まらず、実は生きており精神をきたしてしまった自身の妻までも殺害してしまう。妻の存在を隠していたラベットに憎悪を抱いたトッドは、ラベットまでも殺害。しかし、その傍らでラベットが雇った下働きの少年トビーが、トッドの殺人を目撃していた。無差別殺人に気付いたトビーは、トッドの喉を掻き切る。そのとき、純粋だったトビーの瞳にはトッド同様の狂気が宿っていた……。

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007)」の解説

150年以上に渡って映画化や舞台化されてきた伝説の殺人鬼スウィーニー・トッドの物語を映画化。今回の原作となったのは、ブロードウェイの巨匠として知られるスティーヴン・ソンドハイムの作詞・作曲でトニー賞8部門を受賞したミュージカル版「スウィーニー・トッド」。これまで、「シザーハンズ」から「チャーリーとチョコレート工場」までコンビを組んできたティム・バートン監督とジョニー・デップにとって、本作は6本目のコラボレーションとなる。ヒロイン役は、ティム・バートンのパートナーでもあるヘレナ・ボナム=カーター。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年1月19日
キャスト 監督ティム・バートン
出演ジョニー・デップ ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム・カーター アラン・リックマン ティモシー・スポール サシャ・バロン・コーエン
配給 ワーナー
制作国 アメリカ(2007)
上映時間 117分

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:3.79点★★★☆、62件の投稿があります。

P.N.「匿名」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-09-02

やっぱティムバートンはすごいね!!全体的に白黒世界なのに吹き上げる真っ赤な血は存在感が大きく美しくも見えた。

最終更新日:2022-07-26 11:03:35

広告を非表示にするには