ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 作品情報

はりーぽったーとふしちょうのきしだん

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)はホグワーツ魔法魔術学校の5年生になる日を待ちながら、長く孤独な夏を耐えていた。親友のロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)やハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)からも便りがない。ようやく一通の手紙が届いたが、それはホグワーツから除籍されるという通知だった。除籍の理由は、ホグワーツ以外の場所で、魔法の使えない“マグル”の前で魔法を行使したことだ。だがそれは、ハリーといじめっ子の従兄弟ダドリーが2人組のディメンター(吸血鬼)から奇襲を受け、やむなく応戦したためだった。ハリーが自己弁護できる唯一の機会は魔法省で開かれる尋問会だが、それも魔法省の大臣コーネリウス・ファッジがおしるし程度に開いたものだ。ファッジは密かにハリーの永久追放をもくろんでいたが、ホグワーツの校長アルバス・ダンブルドアのおかげで無罪放免になる。魔法界の住人たちは、ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)復活の一件をハリーの作り話と信じ込んでおり、ハリーの人格を疑っているらしい。ハリーはロンとハーマイオニーに説得されて、校内の有志を集めて“ダンブルドア軍団”を結成し、闇の魔術から身を守る方法をメンバーに指導する。一方、ダンブルドアもヴォルデモートに対抗すべく、秘密同盟“不死鳥の騎士団”を結成する。しかしヴォルデモート卿もまた、べラトリックス・レストレンジ(ヘレナ・ボナム=カーター)ら自分を慕う者を集め、ハリー抹殺を図る。絶対絶命かに見えたその瞬間、不死鳥の騎士団が駆けつけて激しい闘いを繰り広げ、シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)が命を落としてしまう。生徒たちのボイコットに遭ったアンブリッジ先生はホグワーツを去り、魔法界の人々は、ヴォルデモート卿が本当に復活したことを知るのだった。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の解説

J・K・ローリングの世界的ベストセラー、「ハリー・ポッター」シリーズの映画版第5弾。ホグワーツ魔法学校の5年生になったハリーがダンブルドア軍団を結成し、復活した宿敵ヴォルデモート卿と一戦交える。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンをはじめ、シリーズのレギュラーが続投。監督はイギリスのTV界で活躍してきたデイヴィッド・イェーツ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年7月20日
キャスト 監督デヴィッド・イェーツ
出演ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ヘレナ・ボナム・カーター ロビー・コルトレーン ワーウィック・デイヴィス レイフ・ファインズ マイケル・ガンボン ブレンダン・グリーソン リチャード・グリフィス ジェイソン・アイザックス ゲイリー・オールドマン アラン・リックマン フィオナ・ショウ マギー・スミス イメルダ・スタウントン デイヴィッド・シューリス エマ・トンプソン ジュリー・ウォルターズ ロバート・ハーディ デイヴィッド・ブラッドリー マーク・ウィリアムズ トム・フェルトン マシュー・ルイス イヴァナ・リンチ ケイティ・リューング ハリー・メリング ボニー・ライト
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2007)
上映時間 138分
TV放映 2021年12月3日 日本テレビ 金曜ロードショー

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:3.81点★★★☆、34件の投稿があります。

P.N.「籠」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-05-05

前作より一番よかった~。戦闘シーンの迫力がすごかった。ムーディーとネビルとルーニー最高

最終更新日:2022-07-26 11:03:36

広告を非表示にするには