パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド 作品情報

ぱいれーつおぶかりびあんわーるどえんど

ジェームズ・ノリントンが持ち帰ったデイヴィ・ジョーンズの心臓を入手した東インド会社のベケット卿は、フライング・ダッチマン号を操り、世界中の海賊たちを次々と葬っていた。海賊たちが生き残るには、選ばれた9人の“伝説の海賊”を召集し、一致団結して全面対決するのみ。しかし9人のうちの1人は、クラーケンに飲み込まれて生死不明となったジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)だった。ブラック・パール号の乗組員たちは、キャプテン・バルボッサを船長に迎え、中国の海賊を束ねるサオ・フェン(チョウ・ユンファ)から世界の果てまでの海図を受け取り、ジャックの救出に向かう。海図と引き換えにサオ・フェンのそばに置かれたエリザベス(キーラ・ナイトレイ)は、ベケット卿の襲撃に遭い重傷を負ったサオ・フェンより船を託され“伝説の海賊”の1人となる。やがて一行は、ジャックと再会。しかしデイヴィ・ジョーンズの船に父がいることを知ったウィル(オーランド・ブルーム)は、エリザベスから離れて父と行動を共にすることに。“伝説の海賊”9人が集結して評議会が開かれ、海賊王に選ばれたエリザベスの鼓舞でベケット卿に宣戦布告をする。そして、ベケット卿が操り今はウィルも乗船しているフライング・ダッチマン号対“伝説の海賊”たちの決戦が始まる。闘いの中でウィルとエリザベスは和解し、結婚するがその矢先にウィルはジョーンズと相打ちする。しかしジョーンズに代わって新たなフライング・ダッチマン号の船長になることで復活し、ブラックパール号とともにベケット卿の船を挟み撃ちにして撃破する。かくして闘いの日々は終わり、ウィルとエリザベスはブラック・パール号に別れを告げ、10年に一度の逢瀬を約束し合う。10年後、エリザベスが幼い息子と共にウィルの訪れを迎えていた頃、ジャック・スパロウは海原を駆けていた。

「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」の解説

個性豊かな海賊たちが海を舞台に活躍する「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの完結編。生死不明となったジャック・スパロウが帰還し、世界制覇を目論むベケット卿の陰謀に立ち向かう。ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイらレギュラー陣に加え、チョウ・ユンファが新たに登場する。監督は同シリーズのゴア・ヴァービンスキー。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年5月25日
キャスト 監督ゴア・ヴァービンスキー
出演ジョニー・デップ オーランド・ブルーム キーラ・ナイトレイ ジェフリー・ラッシュ ジョナサン・プライス ビル・ナイ チョウ・ユンファ ステラン・スカルスガルド ジャック・デヴェンポート トム・ホランダー ナオミ・ハリス デヴィッド・スコフィールド ケヴィン・R.マクナリー リー・アレンバーグ マッケンジー・クルック デヴィッド・ベイリー キース・リチャーズ
配給 ブエナ ビスタ
制作国 アメリカ(2007)
上映時間 170分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:3.85点★★★☆、63件の投稿があります。

P.N.「真MEN」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-05-01

後でつけたのか設定が複雑で子供には楽しめません。まるで、ロープレ(FF)のような話でした。エンドクレジット後の再会シーンは感動しました。いいラストなのに、続編が出来るなんて!でも、内容はエピソード0になるそうです。とりあえず安心!この映画の一番の売りは音楽ですね。サントラもヒットしたし。けど、映像もすばらしかった(特に波の描写)。

最終更新日:2024-05-28 10:51:34

広告を非表示にするには