劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE 作品情報

げきじょうばんかめんらいだーかぶとごっとすぴーどらぶ

1999年、巨大隕石が地球に落下した。世界の全ての海が干上がり、ワームと呼ばれる地球外生命体が地球に侵入する。ワームは人間に擬態する能力を持ち、人間社会に潜伏・侵食を始める。ワームの脅威から人類を守るため、秘密機関ZECT<ゼクト>はマスクドライダー・システムを開発する。選ばれた戦士=仮面ライダーとワームとの壮絶な闘いが始まる。その7年後、ゼクトが内部分裂を起こし、反乱分子<ネオゼクト>が誕生する。それによって事態は、“ゼクト対ネオゼクト対ワーム”という三つ巴の様相を呈するのだった。天道総司=仮面ライダーカブト(水嶋ヒロ)は、ゼクトとネオゼクトの双方に、自分の“力”を売り込んでいく。一方、ゼクト内部では、【天空の梯子計画】が進行していた。氷の塊である彗星を地球に引き寄せ、隕石落下で干上がった海へ大量の水を取り戻すという、人類の存亡を賭けた壮大な計画である。ネオゼクトは計画の情報を入手し、乗っ取りを画策する。そうした中で、謎の死を遂げた者たちの噂が囁かれていた。その死に付きまとう“黄金の仮面ライダー”の影。混沌のさなか、【天空の梯子計画】が実行に移される。時を同じくして、第二の巨大隕石が地球に接近。二つの対立組織による仮面ライダー同士の戦闘が始まり、地上と、衛星軌道上とで火花を散らす。刻一刻と地球の危機が迫る中、カブトの狙いはいったい何なのか?

「劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」の解説

『仮面ライダー』最新シリーズの『仮面ライダーカブト』の劇場版。最強と呼ばれる“黄金の仮面ライダー”とカブトが、シリーズ初の宇宙空間で闘いを繰り広げる。同時上映は「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス」。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年8月5日
キャスト 監督石田秀範
原作石ノ森章太郎
出演水嶋ヒロ 佐藤祐基 里中唯 徳山秀典 加藤和樹 永田杏奈 西牟田恵 山口祥行 森下千里 小林且弥 虎牙光輝 武蔵 本田博太郎
配給 東映
制作国 日本(2006)
上映時間 66分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-28 10:51:31

広告を非表示にするには