ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 作品情報

わいるどすぴーどかけるさんとうきょうどりふと

カリフォルニアの高校生ショーン(ルーカス・ブラック)は、衝突事故を起こして3度目の逮捕を受ける。このままでは少年院行きになってしまい、ショーンは軍人である父を頼って日本へ飛ぶ。日本の高校に編入し、言葉や文化の違いに戸惑う彼に、同じアメリカからの留学生トウィンキー(BOW WOW)が声をかける。ショーンが車好きであることを知った彼は、深夜の立体パーキングへ誘う。そこはスピード・フリークが集うアンダーグランドのレース場だった。ヤクザとつながりを持つ無敵のストリート・レーサー、“ドリフト・キング”ことD.K.に目をつけられ、ショーンは勝負を挑まれる。D.K.の片腕ハンの車を借りてドリフトに挑戦したショーンは、カーブを曲がりきれずに完敗を喫し、ボロボロになった車を弁償するためハンの借金取立ての仕事を手伝うハメに。しかし、そのおかげでショーンには仲間ができた。密かにD.K.を潰したいと思っているハンは、ショーンのドライビングテクニックを見込んでドリフトの練習をさせる。ハンが所有する整備工場には、トゥインキーやメカニックの女の子、レイコ(北川景子)が集い、ショーンの特訓を見守っていた。D.K.の恋人ニーラも、自分と同じような境遇のショーンに好意を寄せる。D.K.はそんなショーンが面白くない。さらに、ハンが組織の上がりを着服していることが判明し、ヤクザのボスである叔父のカマタに責められたD.K.はハンの粛清に乗り出した。ハンの車はハンドルを切り損ねてクラッシュし、炎上する。怒りに燃えるショーンはカマタに直談判し、D.K.とドリフト・レースで決着をつけたいと申し出る。勝負の場は、急カーブと断崖が待つ危険なコースである深夜の峠だ。かくして、プライドと自由を賭けた戦いが幕を明けるのだった。

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の解説

ストリート・レースに懸ける若者たちの姿を描く「ワイルド・スピード」シリーズの第3弾。舞台を東京に移し、アメリカ人青年が公道や高速道路でスピード・バトルを繰り広げる。監督は台湾出身の新鋭、ジャスティン・リン。出演は「プライド 栄光への絆」のルーカス・ブラック。「間宮兄弟」の北川景子、アメリカでも人気の千葉真一、カメオ出演の妻夫木聡など、日本人俳優も出演。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年9月16日
キャスト 監督ジャスティン・リン
出演ルーカス・ブラック ナタリー・ケリー バウ・ワウ ブライアン・ティー サン・カン レオナルド・ナム 北川景子 千葉真一 ブライアン・グッドマン 真木よう子 柴田理恵 妻夫木聡 KONISHIKI 土屋圭市 トシ・ハヤマ
配給 UIP
制作国 アメリカ(2006)
上映時間 104分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「中坊」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2006-09-17

土屋圭一出てたし、カーアクションは楽しめると思います。ただ①②を観ている人はどうかな~私は①②が好きだけど好き嫌いがかなり出るかも。主人公が高校生?とかつっこみどころを外して観れば車好きにはいいです♪

最終更新日:2024-02-14 18:08:45

広告を非表示にするには