D-TOX 作品情報

でぃーとっくす

警官ばかりを標的にする連続猟奇殺人が発生。事件を担当するFBI捜査官ジェイク・マロイ(シルベルター・スタローン)は、手かがりをまったく掴めず、同僚、そして恋人をも犯人に殺される。愛する者を失った痛手から酒に溺れ、廃人一歩手前となったジェイクは、警察官専用の療養施設“D-TOX”に収容される。そこには、優秀であるがゆえに精神のバランスを失った警察官9名が患者として収容されていた。吹雪の夜、そのうちのひとりが自殺する。そしてひとり、またひとりと不審死が続き、ジェイクはあの事件の犯人がD-TOX内に潜入していると直感する。そして、犯人が自分の命を狙っていることも。だれが犯人なのかも分からないまま疑惑は膨らみ、D-TOX内に疑心暗鬼の空気が流れる中、女医ジェニー(ポリー・ウォーカー)の助けを借りて一歩一歩核心に近づくジェイク。そして犯人は、ロンドン市警から来たスレイター(クリストファー・フルフォード)だった。犯人は、本物のスレイターを殺害し、彼に成り代わって“D-TOX”に収容されていたのだった。襲い来る犯人と死闘を繰り広げ、遂に倒し、ジェイクは恋人の仇を討つのだった。

「D-TOX」の解説

隔絶された雪深い施設を舞台に、警官ばかりを狙う猟奇殺人犯と恋人を殺された刑事の死闘を描くポリス・アクション。監督は「ラストサマー」のジム・ギレスピー。製作は「チェンバー/凍った絆」のリック・キドニー。原案・脚本は「マーキュリー・ライジング」のロン・L・ブリンカーホフ。撮影は「ボーン・コレクター」のディーン・セムラー。プロダクション・デザイナーは「8mm」のゲイリー・ウィスナー。音楽は「シュレック」のジョン・パウエル。出演は「ドリヴン」のシルベルター・スタローン、「クッキー・フォーチュン」のチャールズ・S・ダットン、「チェルシーホテル」のクリス・クリストファーソン、「トム・ベレンジャー in 処刑岬」のトム・ベレンジャー、「ブルート」のポリー・ウォーカー、「不滅の恋 ベートーヴェン」のクリストファー・フルフォードほか。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年4月6日
キャスト 監督ジム・ギレスピー
原作ハワード・スウィンドル
出演シルベスター・スタローン チヤールズ・S・ダットン ポリー・ウォーカー クリス・クリストファーソン クリストファー・フルフォード ジェフリー・ライト トム・ベレンジャー ロバート・パトリック ショーン・パトリック・フラナリー スティーブン・ラング アラン・シー・ピーターソン ロバート・プロスキー コートニー・B・ヴァンス ディナ・メイヤー
配給 UIP
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 96分
公式サイト http://www.uipjapan.com/dtox/
TV放映 2022年6月17日 テレビ東京 午後のロードショー

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「D-TOX」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-26 11:03:40

広告を非表示にするには