風花(2000) 作品情報

かざはな

東京でひとり暮らしをしているキャリア官僚の廉司は、酔っ払って起こした万引き事件が週刊誌ネタとなり謹慎中の身の上。ゆり子は、死別した夫の残した借金返済の為に幼い娘を故郷の母親に預け、東京でひとり暮らしをしているピンサロ嬢。そんなふたりが出会い、ゆり子の故郷である北海道へ行くことになった。しかし、性格も生活も全く違うふたりの旅はぎくしゃくしっぱなし。その上、ゆり子は親の反対で娘に会うことが叶わず、廉司も上司から一方的に解雇を言い渡されてしまう。行き場を失くしたふたりは、まだ雪の残る山へ車を走らせ、一軒の山荘に宿泊することに。ところが夜も明け切らぬ早朝、ゆり子が姿を消してしまった。必死でゆり子を捜し出す廉司。お陰で、睡眠薬を飲んで自殺を図った彼女は一命を取り留め、実家でやり直すことを決意する。そして、実家へ戻ったゆり子は娘との再会を果たし、そんなふたりの姿を廉司は遠くから見守るのだった。

「風花(2000)」の解説

帰る場所を失った孤独な若手キャリア官僚とピンサロ嬢の姿を描いたロードムービー。監督は「あ、春」の相米慎二。鳴海章による同名小説を「SWING MAN」の森らいみが脚色。撮影を「PARTY 7」の町田博が担当している。主演は、「共犯者」の小泉今日子と「PARTY 7」の浅野忠信。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年1月27日
キャスト 監督相米慎二
原作鳴海章
出演小泉今日子 浅野忠信 麻生久美子 香山美子 柄本明 尾美としのり 小日向文世 鶴見辰吾 高橋長英 椎名桔平 木之元亮 寺田農 綾田俊樹 酒井敏也 山本真亜子
出演(声)笑福亭鶴瓶
配給 シネカノン
制作国 日本(2000)
上映時間 116分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「風花(2000)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-25 02:00:11

広告を非表示にするには