ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争 作品情報

げげげのきたろうようかいだいせんそう

日本の最も南にある島、ホウキ星島に、西洋妖怪のベアードが現われ、日本征服のためこの島に城を作ろうとした。ドラキュラ、フランケンシュタイン、狼男、魔女……有名な西洋の妖怪が続々と集まり、島の住人を奴隷にして働かせた。このことを知った鬼太郎たちは、さっそく島に乗り込んだ。ドラキュラやフランケンシュタインを相手に戦う鬼太郎たちだが、形勢は不利だ。しかも、ベアードの巨大な目から出る怪光線で、鬼太郎は金しばりにあってしまった。島の人々の協力で、なんとか無事に逃れた鬼太郎たちの反撃が始まった。鬼太郎は、呼び笛ムチや下駄ブーメランで魔女やドラキュラたちをやっつけた。そしてベアードとの最期の決戦。ベアードの弱点の目をめがけて、鬼太郎の髪の毛針が飛んだ。苦しがるベアード。その時、海がうずまきを起こして、ベアードたちをまきこみ、空に登った水柱は、ハレー彗星に吸いこまれていった。

「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争」の解説

西洋のオバケを相手に鬼太郎の活躍を描く人気TVアニメの劇場版第二作。原作は水木しげるの同名漫画。脚本は「ゲゲゲの鬼太郎(1985)」の星山博之。監督は葛西治がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 1986年3月15日
キャスト 監督葛西治
原作水木しげる
出演戸田恵子 田の中勇 富山敬
配給 東映
制作国 日本(1986)
上映時間 40分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-02-14 18:09:20

広告を非表示にするには