彼女たちの革命前夜 作品情報

かのじょたちのかくめいぜんや

ミス・ワールドで実際に起きた、前代未聞の大騒動

彼女たちの革命前夜のイメージ画像1
彼女たちの革命前夜のイメージ画像2

1970年、ロンドン。学問をやり直すため大学に入学をしたサリーは、女性解放運動の活動家であるジョーに出会う。彼女が所属する団体ではミス・ワールドを阻止するための計画を練っていた。その頃、ミス・ワールドの主催者は開催に向けた準備を進めており、司会者にはアメリカのコメディアンであるボブ・ホープを起用し、世界各国からは出演者が続々と集結していた。カリブ海の島国グレナダから参加したジェニファーは自身の夢を叶えるために出場をしたが、白人の出場者ばかりに注目が集まる状況に複雑な心境でいた。それぞれの想いが交差をする中、ついにミス・ワールドの当日を迎える…。

「彼女たちの革命前夜」の解説

「ミス・ユニバース」「ミス・インターナショナル」と並び、世界三大ミスコンテストの一つである「ミス・ワールド」で、実際に起こった前代未聞の大騒動を完全映画化。女性をモノのように品定めをするミス・ワールドの開催を阻止しようと活動する主人公のサリーを演じたのは、『はじまりのうた』のキーラ・ナイトレイ。ともに行動をする盟友のジョーには『ジュディ 虹の彼方に』のジェシー・バックリー。一方で、ミス・ワールドの代表の一人であるミス・グレナダのジェニファーには『女神の見えざる手』のググ・バサ=ロー、司会者のボブ・ホープには『リトル・ミス・サンシャイン』のグレッグ・キニアと豪華個性派俳優が脇を固めている。監督は「サード・デイ ~祝祭の孤島~」のフィリッパ・ロウソープ。(作品資料より)

彼女たちの革命前夜のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年6月24日
キャスト 監督フィリッパ・ロウソープ
出演キーラ・ナイトレイ ググ・バサ=ロー ジェシー・バックリー レスリー・マンヴィル リス・エヴァンス グレッグ・キニア
配給 キノシネマ
制作国 イギリス(2019)
上映時間 107分
公式サイト https://movie.kinocinema.jp/works/misbehaviour/

(C)Pathe Productions Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute 2019

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「彼女たちの革命前夜」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-01 11:51:13

広告を非表示にするには