マークスマン 作品情報

まーくすまん

麻薬カルテルから少年を守るため男が立ち上がる

マークスマンのイメージ画像1
マークスマンのイメージ画像2

メキシコ国境付近で牧場を営むジムは、妻に先立たれて以来生きる気力を失っていた。ある日、ジムは国境のフェンスを抜けて密入国して来た母子を見つける。母親のローサは、兄が麻薬カルテルのお金に手をつけたことから命を狙われていた。そこにカルテルの殺し屋たちがやってきて銃撃戦になり、ローサはジムに息子のミゲルをシカゴの親類に送り届けるよう託して息絶える。成り行きでジムはミゲルを連れてシカゴに向かうが、その後をカルテルの殺し屋たちが追っていた。

「マークスマン」の解説

「マークスマン」とは狙撃手のこと。凶悪な麻薬カルテルが見くびっていた老人は、かつて海兵隊で狙撃手を務め、勲章をもらっていた男だった。69歳のリーアム・ニーソンが演じるのは、妻を亡くし、牧場も競売にかけられようとしている、人生に行き詰まった男だ。そんなジムが子供を託され、メキシコ国境からカナダ国境に近いシカゴまで、アメリカ縦断の旅に出る。孤独で偏屈な男が、少年を保護しながら旅をするという、“クリント・イーストウッド的”なロードムービーとなっている。それもそのはず、監督はイーストウッド作品を助監督や製作で長年支えてきたロバート・ロレンツで、本作はイーストウッド主演の『人生の特等席』に次ぐ彼の監督2作目になる。アメリカでは公開と同時に2週連続1位のヒットとなった。

マークスマンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年1月7日
キャスト 監督・脚本ロバート・ロレンツ
出演リーアム・ニーソン キャサリン・ウィニック フアン・パブロ・ラバ テレサ・ルイス ジェイコブ・ペレス
配給 キノフィルムズ
制作国 アメリカ(2021)
上映時間 108分
公式サイト http://marksman-movie.jp/

(C)2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ige」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2022-01-11

期待を上回る事は無かったけど面白かった。
もう少し捻りやどんでん返しがあっても良かったのかも。

リーアム・ニーソンさん演じる元海兵隊で狙撃兵のジム。
彼の愛犬。
メキシコ人のチビッ子。ミゲル。
このメンバーで、ある理由でメキシコ国境付近からシカゴまで車で移動する一週間のロードムービー。

二人とも麻薬組織から殺されそうになる展開。
ある履歴から居場所が麻薬組織に知られ追いかけられるストーリー。

最初はジムに馴染めなかったミゲルが少しずつ心を開いて行く様子が良かった。

執拗に追いかけてくる麻薬組織がウザイ(笑)

後半、ジムが殺されそうになるんだけどミゲルがグットジョブ。
誰もが解る伏線を見事に回収(笑)

ラスト。ミゲルをシカゴのある家に届けた直後のジムの行動がとてもカッコ良い。

シカゴのホットドッグ。
食べてみたいです( ´∀`)

最終更新日:2022-01-28 00:11:07

広告を非表示にするには