余命10年 作品情報

よめいじゅうねん

“涙より切ない”ベストセラー恋愛小説を映画化

余命10年のイメージ画像1
余命10年のイメージ画像2

数万人に一人という不治の病で、余命が10年であることを知った20歳の茉莉。彼女は生きることに執着しないよう、恋だけは決してしないと心に決めていた。しかし、地元の同窓会で和人と出会い、茉莉の10年は大きく動いていく…。

「余命10年」の解説

小坂流加のベストセラー恋愛小説を映画化。茉莉役を演じるのは『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『糸』の小松菜奈。原作小説の著者・小坂流加は、茉莉と同様に難病を抱え本作の文庫化を待たずして亡くなっており、著者の遺した想いを引き継ぎ、全身全霊で演じる。そして茉莉と恋に落ち、茉莉を変えていくきっかけを作る若者・和人役には、連続テレビ小説にも出演し精力的に活動の幅を広げる坂口健太郎。監督は『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人。(作品資料より)

余命10年のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年3月4日
キャスト 監督藤井道人
原作小坂流加
出演小松菜奈 坂口健太郎
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2022)
公式サイト http://yomei10-movie.jp/

(C)2022映画「余命10年」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.25点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「bogi」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2022-04-03

泣かせる映画の王道。年に一度は瞳の洗濯がしたいもの。
小松は、普段は切長の眼が綺麗だが、見開いた時、泣き腫らした時、隈ができたとき、自在に美しさを変える。
脇に、黒木、奈緒、フランキーを従え贅沢な布陣。
フランキーは菩薩像のような穏やかな表情を見せる。
それにしても、坂口ほどの果報者はいるのだろうか。

最終更新日:2022-05-21 00:01:02

広告を非表示にするには