カオス・ウォーキング 作品情報

かおすうぉーきんぐ

心の声が見えてしまう世界で何が起きたか

カオス・ウォーキングのイメージ画像1
カオス・ウォーキングのイメージ画像2

西暦2257年。人類が新天地を求めて到達した星「ニューワールド」は、男たちの思考が「ノイズ」となって現れてしまう世界だった。女が死に絶えた村で最も若い青年トッドは、ある日落下してきた宇宙船の生存者ヴァイオラを発見する。村の首長はヴァイオラを利用しようとするが、ヴァイオラは逃げ出し、トッドも彼女と安全な地を求めて旅に出た。その途中で、トッドが知らなかったこの星の秘密が少しずつ明らかにされていく。

「カオス・ウォーキング」の解説

原作は英米でベストセラーとなったパトリック・ネスのSF小説「混沌(カオス)の叫び」の第1部「心のナイフ」。「ニューワールド」では、男性の思考がすべて人に筒抜けになってしまう弊害があり、それが人々の心を不安にさせていた。女性がいない村で最年少の主人公を演じるのは、「スパイダーマン」シリーズのトム・ホランド、第二次移民の調査隊員ヴァイオラ役を「スターウォーズ」シリーズのレイ役のデイジー・リドリーが演じている。人々の剥き出しの思考が未編集のまま流れていくのは、思ったことをすぐに書き込んでしまうSNSの暴力性にも通じるし、女性の考えが読めないというのは男たちにはSFではなく現実のことだろう。二人を追いかける村の首長役を演じるのは、『アナザーラウンド』のマッツ・ミケルセン。

カオス・ウォーキングのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年11月12日
キャスト 監督ダグ・リーマン
原作パトリック・ネス
出演トム・ホランド デイジー・リドリー マッツ・ミケルセン デミアン・ビチル シンシア・エリヴォ ニック・ジョナス デヴィッド・オイェロウォ
配給 キノフィルムズ
制作国 アメリカ=カナダ=香港(2021)
上映時間 109分
公式サイト https://cw-movie.jp/

(C)2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「光の当て方。」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-11-29

有名作品を演じた二人を主役に置いた、実験的作品。

物事の解釈が、当事者で変わるように、未来も、解釈の仕方で変わる。

夢は、解釈者により変わると言われるように、この物語も、こう言う解釈として、楽しめる。

二人の活躍中の俳優さんが、爽やかに、演じています。

そもそも、ボイスのように、ビションに近い形で、私たちは、会話できる能力を持っているそうです。

映画では、男性のみですが、未来には、私たちは、言葉を超えたボイスで、会話できるようになるそうです。

この作品では、少しマイナスに解釈していますが、ボイスをプラスの面から解釈すれば、内容もかなり変わると思います。

身近な人々を観察すればわかるように、同じ状況条件でも、人の解釈は様々、プラスか、マイナスかで、全く、見えてる世界が違うのが理解出来ます。それを改めて、確認できる作品とも言えます。

最終更新日:2021-11-30 16:00:02

広告を非表示にするには