ミラクルシティコザ 作品情報

みらくるしてぃこざ

1970年代と現代が沖縄コザで交錯する、オキナワンロック愛

ミラクルシティコザのイメージ画像1
ミラクルシティコザのイメージ画像2

沖縄でかつて大いに賑わい隆盛を極めた街・コザ。現在はゴーストタウンの一歩手前となっていた。そこでダラダラしながら暮らす青年・翔太の祖父ハルは、かつてベトナム戦争に向かうアメリカ兵たちを熱狂させた伝説のロックンローラーだったが、今はただの変わり者として疎まれていた。そんなある日、ハルが交通事故で亡くなってしまう。ところが翔太の前に死んだはずの祖父が現われ翔太の体を乗っ取ると、翔太の魂は1970年のハルの身体に……。

「ミラクルシティコザ」の解説

1970年代と現在の沖縄を舞台に描いた、奇想天外なタイムスリップコメディ。コザは現在の沖縄市。アメリカ軍嘉手納基地も近い。また、1970年には「コザ騒乱」と呼ばれる事件が起こった地としても知られている。本作は、クリエイターの発掘・育成を目的とする映像コンテスト「未完成映画予告編大賞(MI-CAN)」でグランプリと堤幸彦賞を受賞した作品をもとに、沖縄市出身の平一紘が監督・脚本を手がけた。主人公ハルを演じる桐谷健太は、70年代のロックスターをコミカルに熱演。周りを固める沖縄中心に活動する俳優たちも、みなイキイキと演じている。オキナワンロックへのリスペクトも含め、“沖縄Love”そして“コザ愛”に溢れる作品に仕上がった作品だ。

ミラクルシティコザのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年2月4日
キャスト 監督・脚本平一紘
出演桐谷健太 大城優紀 津波竜斗 小池美津弘 津波信一 神崎英敏 アカバナー青年会 渡久地雅斗 山内和将 玉代勢圭司 山城智二 城間やよい 喜舎場泉
配給 ラビットハウス
制作国 日本(2021)
上映時間 119分
公式サイト https://miraclecitykoza.com/

(C)2021 Office Crescendo

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、10件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-06-22

ミラクルシティコザを観た。とても感動した。これはひじょうに面白かったからだ。私はこんなタイムスリップコメディが大好きなのだ。沖縄は私にとってご縁のあったところでもあり、素晴らしい作品だと思った。

最終更新日:2022-07-01 11:51:13

広告を非表示にするには