恋する寄生虫 作品情報

こいするきせいちゅう

潔癖症の青年と視線恐怖症の女子高生の切ない恋愛譚

恋する寄生虫のイメージ画像1
恋する寄生虫のイメージ画像2

極度の潔癖症から誰も寄せ付けられず孤独に生きる青年・高坂賢吾は、ひょんなことから視線恐怖症で不登校の少女・佐薙ひじりの面倒を見ることになる。何かと辛く当たるひじりの態度に賢吾は困惑してばかりだったが、それが自分自身の弱さを隠すためだと気づき、ふたりの距離は縮まっていく。そして「クリスマスに手をつないで歩くこと」を目標にリハビリをスタートさせると、次第に惹かれ始め、初めての恋に落ちていく。

「恋する寄生虫」の解説

潔癖症に苦しむ孤独な青年と、視線恐怖症の不登校女子高生のはかない恋愛を描いた本作。「三日間の幸福」など、若者を中心に人気の高い作家・三秋縋の恋愛小説を、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』『護られなかった者たちへ』などの林遣都と、『糸』『ムーンライト・シャドウ』など、数々の恋愛映画に主演している小松菜奈をダブル主演に迎えて映画化した。心に孤独を抱える男女が、“虫”によって“恋”の病に落ちていくというSF的な設定のもとで展開する、臆病者たちの切なくも美しいラブストーリーだ。CMやミュージックビデオなど多岐にわたり活躍している新鋭、柿本ケンサク監督がメガホンをとった。

恋する寄生虫のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年11月12日
キャスト 監督柿本ケンサク
原作三秋縋
出演林遣都 小松菜奈 井浦新 石橋凌
配給 KADOKAWA
制作国 日本(2021)
公式サイト https://koi-kiseichu.jp/

(C)2021「恋する寄生虫」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「エゴと言う寄生虫、」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-11-19

なんか、この人発言が冷たい、もっともらしく聞こえることを言うが、目が死んでいるし、口先だけが、動いて、人間としての温かみが感じられない、エゴと言う寄生虫に乗っ取られた人間は、世の中にいますから、もちろん、エゴですから、共存共栄していく、潔癖症は、自分のことだけなので、決して、綺麗好きとは違う、周りを傷付け、周りを汚して、自分だけ自己満足に陥りやすいことは否めない。

林さんと小松さんの才能が、「水を得た魚」のように最大限に活かされた作品。お二方は、中学年から老人まで普通に演じきれる才能の持ち主。

監督と撮影者の才能も、流れるような、リズミカルなカメラワーク、懐かしいのに新しい、大林監督を思い出すような世界、映像感の相乗効果で、日本のみならず世界の人々に是非鑑賞して欲しい作品。

林さんは、テレビドラマで知りましたが、かなりキャリアを積んだ実力者で、どんな役でも普通に演じきれるところが凄い、普通に、演じきれる俳優さんて、凄いんです。

最終更新日:2021-11-29 23:30:04

広告を非表示にするには