流浪の月 作品情報

るろうのつき

2020年本屋大賞受賞のベストセラー小説を映画化

流浪の月のイメージ画像1
流浪の月のイメージ画像2

雨の夕方の公園で、びしょ濡れの9歳の家内更紗に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2か月を過ごすことになる。が、やがて文が更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後。「傷物にされた被害女児」とその「加害者」という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会し…。

「流浪の月」の解説

凪良ゆうによる2020年本屋大賞受賞作を映画化。9歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗を広瀬すず、その事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生・佐伯文を松坂桃李が演じる。監督は『悪人』『怒り』の李相日。(作品資料より)

流浪の月のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年5月13日
キャスト 監督・脚本李相日
原作凪良ゆう
出演広瀬すず 松坂桃李 横浜流星 多部未華子 趣里 三浦貴大 白鳥玉季 増田光桜 内田也哉子 柄本明
配給 ギャガ
制作国 日本(2022)
上映時間 150分
公式サイト https://gaga.ne.jp/rurounotsuki/

(C)2022「流浪の月」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「あやちゃん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-05-17

キャストの皆さん、一人一人とても素晴らしい演技をされていました。
原作は所々しかまだ読めていない中での映画鑑賞でしたが、150分集中して様々な感情が溢れながら観ることが出来ました。
今年一番の衝撃作と言って間違いないです。
流星くんの今までに見たことのない新しい喜怒哀楽を表した演技、100点でした!
この作品は、映像の美しさや様々な音などどれも素晴らしかったです。
リピ鑑したいと思える作品でした。

最終更新日:2022-05-20 20:00:06

広告を非表示にするには