サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時) 作品情報

さまーおぶそうるあるいはかくめいがてれびほうえいされなかったとき

69年の夏、もうひとつのウッドストックがあった

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)のイメージ画像1
サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)のイメージ画像2

ウッドストック・フェスティバルが開かれた1969年のその夏、6月29日から8月24日までの6回の日曜日に、ニューヨークではもうひとつのビッグフェスティバルが開かれていた。ハーレムのマウント・モリス公園に、のべ30万人が集まったというハーレム・カルチュラル・フェスティバルだ。しかしその映像が日の目を見ることはなかった。スライ&ファミリー・ストーン、ニーナ・シモン…。伝説的な黒人アーティストが集まったこのフェスが、ついにその姿を見せる。

「サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)」の解説

ポップ音楽史に残る素晴らしいアーティストたちが出演したにもかかわらず、当時は「商売にならない」としてお蔵入りしていた貴重映像が観られる本作は、まるで米国ポピュラー音楽のタイムマシーンだ。2時間の間、私たちを1969年の夏に連れて行ってくれる。当時の黒人トップアーティストの絶頂期のパフォーマンスを体験できるだけでなく、監督のクエストラブはその夏の空気をニュース映像やインタビューなどにより再現。まさに時代が大きく変わりつつあったことを教えてくれる。アーティストたちのファッションを見るだけでも、60年代からのスーツ組からサイケファッションまでと幅広い。ハイライトは何度か訪れるが、やはり全盛期のスライ&ファミリー・ストーンはパワフルだし、マヘリア・ジャクソンとメイヴィス・ステイプルズのゴスペル熱唱は圧巻としか言いようがない。また、妥協を許さない鋭い歌を聞かせるニーナ・シモン、そしてヒットチャート6週連続1位を果たしたばかりの初々しいフィフス・ディメンションも必見だ。

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年8月27日
キャスト 監督アミール・“クエストラブ”・トンプソン
出演スティーヴィー・ワンダー B.B.キング ザ・フィフス・ディメンション ステイプル・シンガーズ マヘリア・ジャクソン ハービー・マン
配給 ウォルト・ディズニー・ジャパン
制作国 アメリカ(2021)
上映時間 118分
公式サイト https://searchlightpictures.jp/movie/summerofsoul.html

(C)2021 20th Century Studios. All rights reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「sugarbaby_kid」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-30

ということは…Sly & The Family Stoneは同時期開催のウッドストックフェスと掛け持ちで出演していたのか…。
それはそれとして…この映像が1969年では「危険物」とされてきたことにある程度理解はできる。黒人ではない私は彼等しか表現できない音楽に憧れて、嫉妬して、マネしてきた。黄色人種は自分達を白人と同等の階層に属すると錯覚してきたのではないだろうか?そんなことも改めて考えさせられた。それにしても2021年になってこの映像が解禁ってゆうのはちと遅過ぎやしないか?

最終更新日:2021-10-18 23:30:03

広告を非表示にするには