かそけきサンカヨウ 作品情報

かそけきさんかよう

恋愛映画の名手が優しく描く、現代の家族の形

かそけきサンカヨウのイメージ画像1
かそけきサンカヨウのイメージ画像2

高校生の陽は、幼い頃に母の佐千代と父の直の離婚を経験して、今は父親とふたり暮らし。家事全般は陽の担当だ。ある時、直が再婚することになり、義母となった美子とその連れ子のひなたとの4人家族がスタートする。突然始まった新しい暮らしに戸惑いを隠せない陽は、同じ美術部に所属する陸に打ち明ける。離婚したあと会っていない佐千代への思いを募らせる陽は、陸を誘って画家をしている佐千代の個展に行く約束をするが……。

「かそけきサンカヨウ」の解説

幼いころに父母が離婚したせいで、早く大人にならざるを得なかった高校生・陽の葛藤、そして同級生・陸との“恋と言えるかどうか分からない”ような淡い恋愛感情を交えて描いた本作は、少年少女の心の動き、その繊細さを優しくとらえる今泉力哉監督の新たな注目作。父と娘の関係、新しい家族の形を描きながらも、今泉監督の作品を貫く“好き”とは何か、というテーマもしっかりと見える作品だ。今泉監督の『パンとバスと2度目のハツコイ』『mellow』にも出演した志田彩良、『蜜蜂と遠雷』の天才ピアノ少年役が記憶に新しい鈴鹿央士の初々しくみずみずしい演技と、その存在感に注目したい。

かそけきサンカヨウのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年10月15日
キャスト 監督今泉力哉
原作窪美澄
出演志田彩良 鈴鹿央士 中井友望 鎌田らい樹 遠藤雄斗 石川恋 鈴木咲 古屋隆太 芹澤興人 菊池亜希子 梅沢昌代 西田尚美 石田ひかり 井浦新
配給 イオンエンターテイメント
制作国 日本(2021)
上映時間 115分
公式サイト https://www.kasokeki-movie.com/

(C)2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ige」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-10-18

お気に入りの監督の作品!
物足りなさを感じたのは否めないけど志田彩良さんがとても良かった!

意味不明のタイトル(笑)
その意味だけ調べて鑑賞。

志田彩良さん演じる陽。
鈴鹿央士さん演じる陸。
この二組の変則的な家族を中心に進むストーリー。
これに加え陽と陸の微妙な関係が歯痒い。

志田彩良さんの演技がとても良い!
本作のキャストの皆さんの中でもずば抜けて良かった印象。
最近観た東大を目指す学園ドラマからかなり成長した感じ(笑)

家族の愛情や友情などを表現していた感じで暖かく鑑賞できた印象。

透明になった山荷葉を見に行きたくなります。
因みに花言葉は、親愛の情。幸せ。
らしいです( ´∀`)

最終更新日:2021-10-23 00:01:01

広告を非表示にするには