イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社 感想・レビュー 2件

いるみなてぃせかいをあやつるやみのひみつけっしゃ

総合評価3点、「イルミナティ 世界を操る闇の秘密結社」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「頂点は空っぽ、自ら輝け。」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-02-14

究極の社長室は、何もない、空っぽだったり。

登山家が、登頂して、達成感もつかの間、満たされることはなく空っぽ。

聖地を目指し、奥宮を目指すも、空っぽの造形的なモノがあるだけ。

時代をさかのぼるほど、
象徴的に、印象的、形式的、物質的な手段が必要になる。

幼子に自転車の補助輪が、必要だが、自分で漕げれば、補助輪も、わざわざ考えなくても、自分で、自転車を漕ぐ。

日本では、足下を照らすとか、心に太陽をとかある。

イルミナリティ、照らす、自ら輝け、ってこと。

究極の目的に向けて、手段は、必要だが、それは、自分自身が、光となること。

そこに必要なモノは、すべてあるのだから、何も必要としない。

作品全体は、ミサのようで、教会音楽のようで、柔らかな光に包まれているようで、心地良かったです。

インタビューは、素敵な人柄が滲み出た方々ばかりで、余計、安心感に包まれました。

P.N.「と」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2021-02-07

インタヴュー
おもしろくはない

最終更新日:2021-05-14 00:10:45

広告を非表示にするには