どん底作家の人生に幸あれ! 作品情報

どんぞこさっかのじんせいにさちあれ

ディケンズの代表作を映画化

どん底作家の人生に幸あれ!のイメージ画像1
どん底作家の人生に幸あれ!のイメージ画像2

デイヴィッドは少年の頃、周囲の“変わり者”たちのことを書き留めては、空想して遊んでいた。優しい母と家政婦の3人で幸せに暮らしていたが、暴力的な継父の登場によって人生が一変。都会の工場へ売り飛ばされ、強制労働のハメに!しかも里親は、借金まみれの老紳士だった…。歳月が過ぎ、ドン底の中で逞しく成長した彼は、母の死をきっかけに工場から脱走。たった一人の肉親である裕福な伯母の助けで、上流階級の名門校に通い始めたデイヴィッドは、今まで体験した“作り話”を同級生に披露して人気者になる。さらに、令嬢ドーラと恋に落ち、卒業後に法律事務所で働き始めた彼は、順風満帆な人生を手に入れたかに見えた。だが、彼の過去を知る者たちによって、ドン底に再び引き戻されようとして…。

「どん底作家の人生に幸あれ!」の解説

19世紀イギリスの国民的作家で、今年2020年が没後150年にあたるチャールズ・ディケンズの代表作「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化。主人公デイヴィッドを演じるのは『LION/ライオン~25年目のただいま~』『ホテル・ムンバイ』のデヴ・パテル。監督は、『スターリンの葬送狂騒曲』のアーマンド・イアヌッチ。(作品資料より)

どん底作家の人生に幸あれ!のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年1月22日
キャスト 監督アーマンド・イアヌッチ
原作チャールズ・ディケンズ
出演デヴ・パテル ピーター・キャパルディ ヒュー・ローリー ティルダ・スウィントン ベン・ウィショー
配給 ギャガ
制作国 イギリス=アメリカ(2019)
上映時間 120分
公式サイト https://gaga.ne.jp/donzokosakka/

(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「どん底作家の人生に幸あれ!」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-04-22 00:30:08

広告を非表示にするには