GOGO(ゴゴ)94歳の小学生 作品情報

ごごきゅうじゅうよんさいのしょうがくせい

なぜ彼女は小学校に通うのか?

GOGO(ゴゴ)94歳の小学生のイメージ画像1

プリシラ・ステナイは、3人の子供、22人の孫、52人のひ孫に恵まれ、ケニアの小さな村で助産師として暮らしてきた。皆から“ゴゴ”と呼ばれる人気者だ。ある時、彼女は学齢期のひ孫娘たちが学校に通っていないことに気づく。自らが幼少期に勉強を許されなかったこともあり、教育の大切さを痛感していたゴゴは一念発起。周囲を説得し、6人のひ孫娘たちと共に小学校に入学した。年下のクラスメートたちと同じように寄宿舎で寝起きし、制服を着て授業を受ける。同年代の友人とお茶を飲んで一息ついたり、皆におとぎ話を聞かせてやることも。すっかり耳は遠くなり、目の具合も悪いため勉強するのは一苦労…。それでも、助産師として自分が取り上げた教師やクラスメートたちに応援されながら勉強を続け、ついに念願の卒業試験に挑む!

「GOGO(ゴゴ)94歳の小学生」の解説

ケニアに在住、小学校に通う94歳の“ゴゴ”(おばあちゃん)を、壮大な風景とともに追いかけたドキュメンタリー。監督は、危険な道のりを何時間もかけて通学する子供たちをとらえた『世界の果ての通学路』で世界中を感動に包んだパスカル・プリッソン。出演者と時間をかけて信頼関係を築き上げ、そのリアルな姿をカメラに収めていく撮影スタイルは健在。数学や英語の授業、修学旅行、誕生日会、新寄宿舎の竣工式…ケニアの美しい自然を背景に、数々の歌と仲間たちの笑顔に彩られたゴゴの学校生活がありのまま切り取られる。そこから浮かび上がってくるのは、貧困や慣習などの理由から未だアフリカに残る教育問題。ゴゴは映画というものを知らなかったが、プリッソン監督の熱心な説得を受け、「世界中に教育の大切さを伝えられるなら」と撮影を許可した。94歳にしてもなお信念のもとチャレンジを続けるゴゴの姿は、閉塞感ただよう現在を生きる我々に佑樹と希望を与えてくれる。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年12月25日
キャスト 監督パスカル・プリッソン
配給 キノフィルムズ
制作国 フランス(2019)
上映時間 84分
公式サイト https://www.gogo-movie.jp/

(C)Ladybirds Cinema

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「GOGO(ゴゴ)94歳の小学生」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-03-06 00:01:02

広告を非表示にするには