そこにいた男 作品情報

そこいにたおとこ

切なくも、愛おしい 究極の純愛のカタチ

そこにいた男のイメージ画像1
そこにいた男のイメージ画像2

深夜、とあるマンション内のエレベーターホールで血だらけの女・紗希が座り込んでいる。煙草を吸いながらスマホで誰かに電話をしている。その横には、意識朦朧とした血まみれの男・翔が倒れている。その光景にカメラを向ける住人ら、慌ただしく無線を飛ばす警官たち…。取調室、二人の刑事と虚ろな目をした紗希がいる。柔和で悲しげな表情を浮かべながら、翔との関係を話し出す。二人の出会いは2年前にさかのぼる。映画制作のスタッフで下働きをしていた紗希は、撮影現場で俳優の翔と出会う。連絡先を交換し、ほどなくしてふたりは、体の関係を持つまでになる。紗希は翔を愛し、借金を重ね、番組の制作費を盗んでまで翔に身も心も捧げていた。だが、そんな翔に“もう一人の女”の影が…。

「そこにいた男」の解説

長編デビュー作『岬の兄妹』が話題を呼び、多方面から高い評価を受けた片山慎三監督が、『岬の兄妹』のスタッフを再招集をして挑んだ短編映画。(作品資料より)

そこにいた男のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年11月13日
キャスト 監督片山慎三
出演清瀬やえこ 安井秀和 中村映里子 水口早香
配給 CRG
制作国 日本(2020)

(C)2020CRG

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「そこにいた男」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-01-23 13:31:08

広告を非表示にするには