ウルフウォーカー 作品情報

うるふうぉーかー

アイルランドの伝説をアニメ映画化

ウルフウォーカーのイメージ画像1
ウルフウォーカーのイメージ画像2

中世アイルランドの町キルケニー。イングランドからオオカミ退治のためにやって来たハンターを父に持つ少女ロビンが、森の中で友だちになったのは“ウルフウォーカー”のメーヴだった。人間とオオカミがひとつの体に共存し、魔法の力で傷を癒すヒーラーでもある彼女とロビンが交わした約束は、図らずも父を窮地に陥れるものだった。だが、少女は勇気を持って信じる道を進もうとする。

「ウルフウォーカー」の解説

新作を公開するたびに観客を夢中にさせ、虜にしてきたアニメーションスタジオ「カートゥーン・サルーン」。これまでもアイルランドの歴史や神話を題材に、創造性あふれる作品世界を色彩豊かな2Dアニメーションで作り上げており、本作は『ブレンダンとケルズの秘密』『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』に続くケルト三部作の完結となる。監督はアカデミー賞に2度ノミネートされたトム・ムーアと、『ブレンダンとケルズの秘密』のアート・ディレクター、ロス・スチュワート。(作品資料より)

ウルフウォーカーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年10月30日
キャスト 監督トム・ムーア ロス・スチュアート
声の出演オナー・ニーフシー エヴァ・ウィッテカー ショーン・ビーン
配給 チャイルド・ウォーカー
制作国 アイルランド=ルクセンブルク(2020)
上映時間 103分
公式サイト https://child-film.com/wolfwalkers/

(C)WolfWalkers 2020

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「魂は、一つに…。(すべては愛の現れ)」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-11-13

すべては、一つ。

繋がりのないものはないと深い処で、気づかせてくれる作品。

日本人にも、違和感なく鑑賞できるタッチ。

細部まで、丁寧に、表現力豊かかつ、ダイナミックに
見事に描かれています。

作品を通して、終始、ハートをオープンに、温かくしてくれる。

ぜひ、クリスマスに観て欲しい心温まる作品。

最近、日本のアニメの自我自賛傾向がありますが、世界観を広げ、多様性、表現力を磨く為にも、観て欲しい作品。

魂は、一つに、すべては、愛の現れ。

自己満足は、想像力をしぼませ、創造力さえ限定的にしてしまいかねない。

「聞くは一時の恥、聞かぬは、一生の恥」

人間、同じ場所をくるくる回って生きたいでしょうか?

最終更新日:2020-11-26 00:30:07

広告を非表示にするには