ニューヨーク 親切なロシア料理店 作品情報

にゅーよーくしんせつなろしありょうりてん

老舗ロシア料理店で出会う本当の優しさ

ニューヨーク 親切なロシア料理店のイメージ画像1
ニューヨーク 親切なロシア料理店のイメージ画像2

マンハッタンで創業100年を超える老舗ロシア料理店<ウィンター・パレス>。かつては栄華を誇ったお店も、今や古びて料理もひどい有様。店を立て直すために雇われたマネージャーのマークは刑務所を出たばかりの謎だらけの人物。常連の看護師アリスも、仕事ばかりで他人のためだけに生きる変わり者。そんなロシア料理店に、二人の子どもたちを連れて、事情を抱えて夫から逃げてきたクララが飛び込んでくるが…。

「ニューヨーク 親切なロシア料理店」の解説

ニューヨーク・マンハッタンに無一文で逃げてきた2人の子供を持つ女性が、再起を目指す老舗ロシア料理店で本当の優しさに触れ、自分らしい新たな人生と幸せを見つけていく姿を描く感動作。監督は『幸せになるためのイタリア語講座』『17歳の肖像』のロネ・シェルフィグ。(作品資料より)

ニューヨーク 親切なロシア料理店のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年12月11日
キャスト 監督・脚本ロネ・シェルフィグ
出演ゾーイ・カザン アンドレア・ライズボロー ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ タハール・ラヒム ジェイ・バルチェル ビル・ナイ
配給 セテラ・インターナショナル
制作国 デンマーク=カナダ=スウェーデンほか(2019)
上映時間 115分
公式サイト http://www.cetera.co.jp/NY/

(C)2019 CREATIVE ALLIANCE L IVS/RTR 2016 ONTARIO INC. All rights reserved

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「映画好き」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-10

久々に大人が感動できる映画に出会えた。登場人物がそれぞれに困難を抱えていても、思いやりと優しさを持って関わり合っている。それでいて、一定の距離感をもって接している。あまりにもリアルで切ないけど、不思議と生きる希望を感じさせられる映画でした。

最終更新日:2021-03-06 00:01:02

広告を非表示にするには