暴風圏 作品情報

ぼうふうけん

渡辺邦男監督、渡辺孝が撮影したメロドラマ

新島運輸の社長新島英介が急死した。経営内容の悪さにつけ込んで会社乗取りを図る重役達の企みで英介の一人娘美沙が新社長に選ばれた。若い美沙は秘書の田代隆司、植草マリの助けを得て見事な社長ぶりだった。しかし美沙の苦労のかいもなく経理内容は依然悪く、山口営業部長の報告も悪化する一方だった。田代の姉静江は死んだ前社長と恋仲であった。山口の背後には会社乗取りを企む藤川がいた。藤川は会社の株を買い占め、その上会社が発行した六千万円の手形の決済を迫って美沙を窮地に追い込んだ。手形の期日は五日しかなかった。

「暴風圏」の解説

「東京の孤独」の共同執筆者・松浦健郎と渡辺邦男の脚本を、「荒海に挑む男一匹 紀の国屋文左衛門」のコンビ渡辺邦男が監督し、渡辺孝が撮影したメロドラマ。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督渡辺邦男
出演叶順子 村田知栄子 菅原謙二 水戸光子 高松英郎
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「暴風圏」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-06 00:01:03

広告を非表示にするには