「はたらく細胞!!」 最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ! 作品情報

はたらくさいぼうさいきょうのてきふたたびからだのなかはちょうさわぎ

戦え、身体のために!

「はたらく細胞!!」 最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!のイメージ画像1
「はたらく細胞!!」 最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!のイメージ画像2

そこは人間の体の中。たくさんの細胞たちが働いている世界。ある時、白血球(好中球)と赤血球は、迷子の乳酸菌を保護した一般細胞と出会う。乳酸菌を仲間のもとに送り届けるため、白血球(好中球)と一般細胞は腸へ向かうことに。だが、そこに待ち受けていたものは、望まざる最強の敵との再会だった。「僕とキミたちのどちらが正義か、はっきりさせよう」再び現れたがん細胞。そして悪玉菌により荒らされる腸内環境。体内はかつてない大ピンチに!?この世界を守るため、白血球(好中球)たちは世界の命運をかけた大血戦に挑む!

「「はたらく細胞!!」 最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!」の解説

月刊少年シリウスにて連載され、人間の体内を舞台とした清水茜の漫画作品「はたらく細胞」。2018年にはTVアニメ化され、誰もが共感できる細胞擬人化アニメーションとして話題を呼んだ。本作は、原作コミック第5巻に描かれているエピソードを、2021年1月からスタートするTVアニメ第2期に先がけて公開する先行上映版。胃、小腸、大腸といった消化器官を舞台に、細胞たちの壮大な物語が描かれる。(作品資料より)

「はたらく細胞!!」 最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年9月5日
キャスト 監督小倉宏文
原作清水茜
声の出演花澤香菜 前野智昭 小野大輔 井上喜久子 長縄まりあ 早見沙織 行成とあ 吉田有里 高橋李依 藤原夏海 久保ユリカ
ナレーション能登麻美子
配給 アニプレックス
制作国 日本(2020)
公式サイト https://hataraku-saibou.com/

(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

ユーザーレビュー

総合評価:4.67点★★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「ゆりま」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-09-12

新型コロナに罹った若い人が重症化して死亡する原因に、サイトカインストームというのがあるが、それが垣間見えるのが一番の収穫かな

原作コミックじっくり読めば細かい細胞の役割は理解できるし、さらにこの作品の価値が分かると思う

惜しいのは、進撃の巨人や鬼滅の刃のような、原作を超える美しさがないところ

最終更新日:2020-09-19 00:01:02

広告を非表示にするには