マイ・バッハ 不屈のピアニスト 作品情報

まいばっはふくつのぴあにすと

ジョアン・カルロス・マルティンスの不屈の物語

マイ・バッハ 不屈のピアニストのイメージ画像1
マイ・バッハ 不屈のピアニストのイメージ画像2

幼い頃から病弱で家の中で過ごすことが多かったジョアン・カルロスだったが、ピアノを習い始めるとその才能が大きく開花する。めきめきとその才能を伸ばした彼は、20歳でクラシック音楽の殿堂として知られるカーネギーホールでの演奏デビューを飾り、“20世紀の最も偉大なバッハの奏者”として世界的に活躍するまでになる。一流の演奏家として世界を飛び回っていたジョアンだったが不慮の事故により右手の3本の指に障がいを抱えてしまう。ピアニストとして生命線である指が動かせなくなった彼は不屈の闘志でリハビリに励み再びピアニストとして活動できるまでになる。復帰を果たし自身の代名詞ともいえるバッハの全ピアノ曲収録という偉業に挑戦をしていた彼にさらなる不幸がのしかかる…。

「マイ・バッハ 不屈のピアニスト」の解説

“20世紀最高のバッハの演奏家”と称されるジョアン・カルロス・マルティンスの物語を映画化。当初クリント・イーストウッドが映画化を切望していたが、プロデューサーのブルーノ・レザビシャスの直談判による熱い想いがジョアン本人の心を動かし、本作の映像化権を掴み取った。映画で使用される音源は、全てジョアン自身の演奏によるもので困難を乗り越え鬼気迫る演奏シーンは迫力に満ちた仕上がりとなっている。(作品資料より)

マイ・バッハ 不屈のピアニストのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年9月11日
キャスト 監督・脚本マウロ・リマ
出演アレクサンドロ・ネロ ダヴィ・カンポロンゴ アリーン・モラエス フェルナンダ・ノーブル
配給 イオンエンターテイメント
制作国 ブラジル(2017)
上映時間 117分
公式サイト http://my-bach.jp/

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「コロコロ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-09-20

全編に流れるピアノの音色、時に優しく、時に激しく、ピアニストの心情とマッチしたものが選ばれていた。時間を交叉して子供時代から、青年、壮年へと移るテンポも程よく、主人公の得意絶頂から失意へ、世界の各地で演奏する様子が、サラリと描かれ、上質なコンサートに行ってきたような気持ちの高まりを味わえた。

最終更新日:2020-11-20 00:10:52

広告を非表示にするには