金田一耕助の冒険 作品情報

きんだいちこうすけのぼうけん

殺人事件を解決する金田一耕助の活躍を描く

すっかり有名になった金田一耕肋、最近は、等々力警部と一緒にCFに出演したりしている。その頃、街では、マリアを中心にした「ポパイ」という美術品専門の盗族団が暴れまくっていた。そのマリアが、十年前、金田一が真犯人をつきとめることができなかった「瞳の中の女」事件の鍵を握る石膏像、不二子像の首を、金田一のところへ持ち込んできた。不二子像とは、灰田勝彦が作ったもので、現在は、美術評論家の古垣和哉が保管している。さっそく、事件の渦に飛び込んだ金田一だが、その首が何者かに盗まれてしまい、それは古美術店々主明智小十郎の手に渡っていた。マリアたちの手引きで明智邸を訪れた金田一は、そこで、明智の妻文江に会う。

「金田一耕助の冒険」の解説

盗まれた石膏像の首をめぐって起こる連続殺人事件を解決する金田一耕助の活躍を描く。横溝正史の原作『瞳の中の女』の映画化で、脚本は「渚の白い家」の斎藤耕一と「修道女 濡れ縄ざんげ」の中野顕彰の共同執筆、監督は「ふりむけば愛」の大林宜彦、撮影は「ブルークリスマス」の木村大作がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督大林宣彦
出演古谷一行 田中邦衛 吉田日出子 坂上二郎 熊谷美由紀 江木俊夫
制作国 日本(1979)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-06-26

金田一耕助の冒険を観た。古谷一行さんは私とご縁のあった俳優さんだ。それだけにこの映画はとても関心があった。これはひじょうに面白くて、まったく飽きさせない作品だと思った。素晴らしい。最高のエンターテイメントと言えるだろう。

最終更新日:2020-07-01 16:00:08

広告を非表示にするには