グレース・オブ・ゴッド 告発の時 作品情報

ぐれーすおぶごっどこくはつのとき

聖職者による児童への性的虐待事件の実話

グレース・オブ・ゴッド 告発の時のイメージ画像1
グレース・オブ・ゴッド 告発の時のイメージ画像2

カトリック教徒で家族とともにリヨンに住むアレクサンドルは、子供の頃に自分に性的虐待をしていたプレナ神父が、いまも子供たちに聖書を教えていることを知り、悩みながらも告発をする。やがて警察の調査を知ったフランソワ、心に傷を負ったまま生きてきたエマニュエルなど、同じ被害を受けた者たちが集まる。プレナ神父は行為をあっさり認めるものの、教会は事件を封印していた責任を逃れようとする。

「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」の解説

ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞したフランソワ・オゾン監督の最新作は、フランスのリヨンで起きた聖職者による子供への性虐待事件をテーマにした実話だ。カソリック聖職者の性的虐待が明るみになったのは2002年のアメリカだが、フランスでも同様のことが行われていたのだ。日本でも何十年も経って子供時代に受けた性的虐待を告発する事件がある。「なぜいまさら」と思う人も多いようだが、本作を観れば被害者が声を上げるのには長い時間がかかることがわかるだろう。本作はまだ裁判の結果が出ないうちにフランスで公開されたが、鑑賞すればその狙いは真実の追求ではなく、被害者の心の傷を観客に伝えることだったことはわかるだろう。正義と寛容と癒しを描いた、ヒューマンドラマだ。

グレース・オブ・ゴッド 告発の時のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年7月17日
キャスト 監督・脚本フランソワ・オゾン
出演メルヴィル・プポー ドゥニ・メノーシェ スワン・アルロー ジョジアーヌ・バラスコ エレーヌ・ヴァンサン
配給 キノフィルムズ、東京テアトル
制作国 フランス(2019)
上映時間 137分
公式サイト http://www.graceofgod-movie.com/

(C)2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS-France 2 CINEMA-PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-28 15:53:03

広告を非表示にするには