17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン 作品情報

じゅうななさいのうぃーんふろいときょうじゅじんせいのれっすん

大戦前のウィーン。若者と老教授の交流を描く

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスンのイメージ画像1
17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスンのイメージ画像2

1937年、ファシズムの影がちらつくオーストリア。自然豊かなアッター湖のほとりに母と二人で暮らす17歳のフランツは、住み込みでタバコ店で働くため、ウィーンへ向かった。店の顧客には、世界的に名高い精神科医のフロイト教授もいた。ある日、フランツは街で出会った女性アネシュカに恋をする。どうしていいかわからないフランツは、フロイトに助言を求め、二人の交流が始まる。

「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」の解説

大戦前夜のオーストリア。にぎわう首都ウィーンに、田舎から素朴な若者が上京してくる。体は立派な大人だが、フランツは内省的で自分の考えや感情を人に伝えるのは不器用。そんな彼に初恋が訪れるが、年上で経験豊かな女性に、「思い」をどう伝えたらいいかわからない。アドバイスを求めたのが、『夢判断』で知られるフロイト教授だった。フロイトの本など読んだことがないフランツだが、次第にフロイトを慕っていく過程が微笑ましい。もうひとり、フランツの父親代わりになるのが店主のオットーだ。しかしナチスは、ユダヤ人であるフロイトとナチスに同調しないオットーを抑圧していく。それを見たフランツは何が大事なのかを知るのだ。ひとりの青年の成長物語だが、大戦前夜のウィーンの描写も興味深い。

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年7月24日
キャスト 監督ニコラウス・ライトナー
原作ローベルト・ゼーターラー
出演ジーモン・モルツェ ブルーノ・ガンツ ヨハネス・クリシュ エマ・ドログノヴァ
配給 キノフィルムズ
制作国 オーストリア=ドイツ(2018)
年齢制限 R-15
上映時間 113分
公式サイト http://17wien.jp/

(C)2018 epo-film, Glory Film

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-11-26 00:30:07

広告を非表示にするには