ぶあいそうな手紙 作品情報

ぶあいそうなてがみ

人間、最後の最後までわからない。

ぶあいそうな手紙のイメージ画像1
ぶあいそうな手紙のイメージ画像2

ブラジル南部、ポルトアレグレの街。エルネストは78歳の独居老人。隣国ウルグアイからやって来て46年。頑固で融通がきかず、本が好きでうんちく好き。老境を迎え、視力をほとんど失ってしまった。もうこのまま人生は終わるだけ。そう思っていたある日、一通の手紙が届く。差出人はウルグアイ時代の友人の妻。よく目が見えず手紙が読めないエルネストは、偶然知り合ったブラジル娘のビアに手紙を読んでくれるように頼む。手紙の代読と返事の代筆を通して、一人暮らしのエルネストの部屋にビアが出入りするようになるが…。

「ぶあいそうな手紙」の解説

ブラジルを舞台に、手紙の代筆と代読からストーリーが動き出す、おかしくて温かい物語。脚本を担当したのは、繊細な演出も素晴らしい監督のアナ・ルイーザ・アゼヴェードとそのパートナーであるジョルジ・フルタード。ラテンアメリカ映画史に残るキューバの名作『苺とチョコレート』の原作者セネル・パスが脚本に協力している。主人公エルネストを演じるのは、ウルグアイ映画『ウイスキー』に主演した名優ホルヘ・ボラーニ。ブラジル音楽のレジェンド、カエターノ・ヴェローゾがアルバム「粋な男」に収録した名曲「ドレス一枚と愛ひとつ」が映画を彩る。(作品資料より)

ぶあいそうな手紙のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年7月18日
キャスト 監督アナ・ルイーザ・アゼヴェード
出演ホルヘ・ボラーニ ガブリエラ・ポエステル ホルヘ・デリア ジュリオ・アンドラーデ
配給 ムヴィオラ
制作国 ブラジル(2019)
上映時間 123分
公式サイト http://www.moviola.jp/buaiso/

(C)CASA DE CINEMA DE PORTO ALEGRE 2019

動画配信で映画を観よう!

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ぶあいそうな手紙」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-04-17 00:01:08

広告を非表示にするには