滑走路 作品情報

かっそうろ

現代社会が抱える問題の中で生きる人々の苦悩と希望

滑走路のイメージ画像1
滑走路のイメージ画像2

激務の中で自分を見失いかけている厚生労働省の若手官僚はある日、非正規雇用が原因で自死した人々のリストと向き合うことに。NPO団体からの追及を受けた彼は、リストにあった自分と同じ25歳で自死した青年に関心を抱く。一方、将来への不安を抱える30代後半の切り絵作家は、子供を望みながらも夫との関係に違和感を抱いていた。また、幼なじみを助けたためにイジメの標的となった中学2年生の少年は、母に心配をかけまいとひとりで問題を抱え込む。

「滑走路」の解説

32歳で命を絶った夭折の歌人・萩原慎一郎のデビュー作にして遺作となった歌集「滑走路」からインスパイアされ、いじめや非正規雇用など、現代社会が抱える問題の中をもがきながら生きる人々の苦悩と希望をオリジナルストーリーで編んだドラマ。将来への不安を抱える切り絵作家、過重労働に苛まれる官僚、いじめの標的になった中学生の学級委員長――性別も世代も異なる3人の人生が、“ある青年の死”を巡り交差していくさまが描かれる。劇場アニメーション『ジョゼと虎と魚たち』を手掛けた桑村さや香が脚本を脚本を担当、西谷弘監督作品などで名助監督として活躍してきた大庭功睦が、本作で劇場映画監督デビューを果たした。

滑走路のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年11月20日
キャスト 監督大庭功睦
原作萩原慎一郎
出演水川あさみ 浅香航大 寄川歌太 木下渓 池田優斗 吉村界人 染谷将太 水橋研二 坂井真紀
配給 KADOKAWA
制作国 日本(2020)
年齢制限 PG-12
上映時間 119分
公式サイト https://kassouro-movie.jp/

(C)2020「滑走路」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ige」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2020-11-24

不安があったので映画館の割引デーで金銭的なリスクを回避しての観賞(笑)
だけど観て正解でした!
定価で観ても損はしなかったです。

本作も前情報は一切無しでの観賞。
いじめと自殺の思いテーマに加え初恋物語の合わせ技。
これに加え、それぞれの登場人物が自分の殻を破って前進する展開が良かった!

出だしから複数のドラマが展開。
後から全てが繋がって来るとは思うんだけど全く予想も出来ず(笑)
徐々にそれらのストーリーが結び付いて行く感じ。

かなりの偶然で話が展開するんだけと、これも映画の良いところ(笑)

水川あさみさんと木下渓さんが良い。
あんな優柔不断な旦那さんなら別れたくなる気持ちも理解出来ます。
子供も元気で安心しました!

ラストの音楽の歌詞も良かったです。

気持ちが重くなると思ったけどそんな事も無く満足度は高かったです。

本作のタイトルの意味が最後のメッセージで理解出来ました( ´∀`)

最終更新日:2020-12-03 09:18:48

広告を非表示にするには