コリーニ事件 作品情報

こりーにじけん

戦後ドイツの“不都合な真実”

コリーニ事件のイメージ画像1

新米弁護士のカスパー・ライネンは、ある殺人事件の国選弁護人に任命される。30年以上もの間、ドイツで模範的な市民として働いてきた67歳のイタリア人コリーニが経済界の大物実業家をベルリンのホテルで殺したのだ。ライネンにとってこれが被告側弁護士として初めて手掛ける大きな事件。しかし被害者は、少年時代からの恩人だった。殺害について一切口を閉ざすコリーニだが、ライネンは事件を深く調べるうちに自分の過去、ドイツ史上最大の司法スキャンダル、そして想像を超える衝撃の真実に向き合うこととなる…。

「コリーニ事件」の解説

ドイツでも屈指の刑事事件弁護士として活躍しているフェルディナント・フォン・シーラッハの同名小説を映画化。初の長編小説の作中で語られた驚愕すべき“法律の落とし穴”がきっかけとなり、出版後の2012年にはドイツ連邦法務省が省内に調査委員会を立ち上げたほど。主人公ライネンを演じるのは『ゲーテなんて クソくらえ』『ピエロがお前を嘲笑う』のエリアス・ムバレク。被告人コリーニに扮するのは『続・荒野の用心棒』『ジャンゴ 繋がれざる者』の名優フランコ・ネロ。監督は『クラバート 闇の魔法学校』のマルコ・クロイツパイントナー。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年6月12日
キャスト 監督マルコ・クロイツパイントナー
原作フェルディナント・フォン・シーラッハ
出演エリアス・ムバレク アレクサンドラ・マリア・ララ ハイナー・ラウターバッハ フランコ・ネロ
配給 クロックワークス
制作国 ドイツ(2019)
上映時間 123分
公式サイト https://collini-movie.com/

(C)2019 Constantin Film Produktion GmbH

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「あやりん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-07-10

上映館が少ないですが、見に行くべき映画だと思います。登場人物だれの目線で史実に触れていくかで、感想がかわると思います。コリーニ役の役者がすばらしかったです。 6月に観賞。

最終更新日:2020-10-30 20:00:09

広告を非表示にするには