デンジャー・クロース 極限着弾 作品情報

でんじゃーくろーすきょくげんちゃくだん

“ロングタンの戦い”を壮絶に描く本格戦争映画

デンジャー・クロース 極限着弾のイメージ画像1
デンジャー・クロース 極限着弾のイメージ画像2

1966年8月18日未明、南ベトナム。ヌイダット地区にあるオーストラリア軍司令部の基地がベトコン部隊による迫撃砲の急襲を受ける。発射地点を突き止めるため偵察に向かったハリー・スミス少佐率いるオーストラリア軍D中隊は、第10、11、12の3小隊に分かれて前線を進む。ロングタンのゴム園に差し掛かると第11小隊がベトコン兵と遭遇。交戦となるがベトコン兵は散り散りに逃げ出してしまう。安心した小隊は前進するも、既にベトコン兵の大軍に囲まれてしまっていた。自らの命を顧みないベトコン兵は容赦なく機関銃掃射で襲い掛かる!四方八方から銃撃を受け、戦闘開始からわずか20分で28人構成の小隊のうち半数以上が負傷。味方からの応援部隊も近づけない平坦なジャングルで小隊は絶体絶命の状況に追い詰められてしまう。ベトコン兵から放たれる機関銃の嵐の中、少佐は遂に基地へ指令を出す。目前にいる敵へ後方から迫撃砲を撃つ要請をしたのだ。「責任は取る。極限着弾を要請する」。それは味方に対して超至近距離で撃つことになり、小隊が全滅してしまう危険な作戦である。一方基地本部では、応援の大隊を出撃させるかの判断をする時が迫っていたのだった…。

「デンジャー・クロース 極限着弾」の解説

1966年8月18日、南ベトナムの農園地帯“ロングタン”でオーストラリア軍108人がベトナム解放民族戦線(ベトコン)2,000人に対峙した伝説の戦闘「ロングタンの戦い」を圧倒的な臨場感で描く本格戦争映画。監督は『殺し屋チャーリーと6人の悪党』のクリフ・ステンダーズ。(作品資料より)

デンジャー・クロース 極限着弾のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年6月19日
キャスト 監督クリフ・ステンダーズ
出演トラヴィス・フィメル ルーク・ブレイシー リチャード・ロクスバーグ
配給 彩プロ
制作国 オーストラリア(2018)
上映時間 118分
公式サイト http://dangerclose.ayapro.ne.jp/

(c)2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ige」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-08-31

ずっと固まって観ていた感じ。

「特別な荷」以外に女性は登場しません。
戦場の悲惨さを訴えるような作品。
前線でベトコンに囲まれたオーストラリア兵を救出するストーリー。
援軍も出せず基地からの迫撃砲で援護するんだけど、味方の10メール位先のベトコンに着弾させるシーンが凄い。
あんなに正確に着弾させる事が出きるのか?
GPSも無い時代。
気になるところ。

銃撃戦のシーンより、静かになった前線の方が恐怖感があった感じ。
いつどこから撃って来るのか?
涌き出る様な死を恐れないベトコン達の数もハンパ無い。

事実を踏まえた作品と言う事にも驚き。

最前線に弾薬を補給する方法が雑なんだけど合理的。

アメリカ軍の戦闘機は何もする事が出来ず。
あっけなく飛び去らないで欲しかった。

装甲輸送車がメチャクチャ早い。
そしてそれが天使の様に見るのは観賞した人なら誰もが思うところ。

唯一、ホッコリしたのは迫撃砲の砲兵。
みんな上半身裸のマッチョマン。
彼らじゃないと重たい砲弾は装填できませ( ´∀`)

最終更新日:2020-10-30 13:26:04

広告を非表示にするには