ドロステのはてで僕ら 作品情報

どろすてのはてでぼくらは

人気劇団・ヨーロッパ企画初のオリジナル長編映画

ドロステのはてで僕らのイメージ画像1
ドロステのはてで僕らのイメージ画像2

とある雑居ビルのカフェで起こった、SFめいた事象。テレビとテレビが“時間的ハウリング”を引き起こし、2分前と2分後がつながった。絡まる思惑、襲う整合性。ドロステのはてで、僕らは…。

「ドロステのはてで僕ら」の解説

京都を拠点に活動を続ける人気劇団・ヨーロッパ企画が、劇団として取り組む初のオリジナル長編映画。原案・脚本は、劇団代表の上田誠。これまで一貫して時間がテーマのショートフィルムを手掛けてきた上田が模索してきた“時間映画”の長編映画化となる。出演は、ヨーロッパ企画メンバーと藤谷理子。メガホンをとるのは、ヨーロッパ企画の映像ディレクター、山口淳太。(作品資料より)

ドロステのはてで僕らのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山口淳太
原案・脚本上田誠
出演石田剛太 酒井善史 角田貴志 諏訪雅 土佐和成 中川晴樹 永野宗典 本多力 藤谷理子
配給 トリウッド
制作国 日本(2020)
上映時間 70分
公式サイト http://www.europe-kikaku.com/droste/

(C)ヨーロッパ企画/トリウッド 2020

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「おちこぼれ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-07-10

2分縛りのタイムリープSF。
劇団ならではの長回し。
内容は完全に理解しなくても、できなくても楽しい。
「多分こういうことかな?」という感じて全然楽しめる。
なんなら、「この理解が正しいのか?」を確かめたくてもう一度観たくなる。
70分という尺もちょうど良く、面白さがギュッっっと凝縮されていてる。

最終更新日:2021-03-05 18:12:08

広告を非表示にするには