椿の庭 作品情報

つばきのにわ

写真界の巨匠・上田義彦、映画初監督作

椿の庭のイメージ画像1
椿の庭のイメージ画像2

かつて夫と語り合い、子供たちを育てた家に、今は孫娘の渚と住む絹子。夫の周忌を終えたばかりの春の朝、世話していた金魚が死に、椿の花でその体を包み込み土に還した。命あるものはやがて朽ちる。家や庭で起こる些細な出来事、過去の記憶に想いを馳せ慈しむ日々の中、ある日絹子へ一本の電話がかかってくる…。

「椿の庭」の解説

椿が咲き誇る一軒の家に住む祖母と孫娘、そしてそこを訪れる人々の物語。日々、庭の世話をしながら孫娘と暮らす絹子を演じるのは富司純子。16年ぶりの主演となる。また、絹子の孫・渚を演じるのは『新聞記者』のシム・ウンギョン。監督は、写真界の巨匠・上田義彦。上田自身の記憶、時代の移ろいの中節々の出来ごとで感じ取った感情を書き留め続けた言葉を土台に、構想から十数年をかけ脚本として練り上げ、1年をかけて撮影した珠玉の映画監督デビュー作となる。(作品資料より)

椿の庭のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年4月9日
キャスト 監督・脚本・撮影上田義彦
出演富司純子 シム・ウンギョン 鈴木京香 チャン・チェン 田辺誠一 清水紘治
配給 ビターズ・エンド
制作国 日本(2020)
上映時間 128分

(C)2020 “The garden of Camellia” Film Partners

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「椿の庭」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-05-13 09:41:40

広告を非表示にするには