囚われた国家 作品情報

とらわれたこっか

服従か抵抗か。選択を迫られる人類を描く

囚われた国家のイメージ画像1
囚われた国家のイメージ画像2

エイリアンの襲来による地球制圧から9年後、人々はその傀儡となった政府のもとで自由を奪われて生活していた。シカゴの中心部は「閉鎖地区」となり、政府はその地下で行われているエイリアンの資源採掘に協力する一方で、反体制派を厳しく取り締まっていた。かつて反政府テロ事件を起こし行方不明になっている兄を持つカブリエルも、そんな世界で暮らすひとりだ。しかし兄は生きており、次のテロ活動を計画していた。

「囚われた国家」の解説

エイリアンの圧倒的な軍事力の前に、戦うことなく“和平”を結んだ人類。そんな近未来のシカゴで、エイリアンに協力している政府と、抵抗を試みるレジスタンスとの攻防を描いたSFサスペンス映画が本作だ。とはいえ、エイリアンは要所要所にしか出てこず、物語の大半ではテロを計画するのもそれを追うのも人間だ。お互いの役目を知らず、テロを実行しようとするレジスタンス達の生活がリアルに描かれるさまは、SFというよりは政治サスペンス映画の趣。実写やロケを多用した空気感が、“大人のSF”とも言えるこの作品のスタイルを作っている。作中では支配者はエイリアンだが、支配者に協力(服従)するか抵抗するかの二択しかないという世界は、現在も世界のどこかで実際にある図式だろう。監督は『猿の惑星 : 創世記』でも人類の暗い未来を描いたルパート・ワイアット。

囚われた国家のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年4月3日
キャスト 監督・脚本ルパート・ワイアット
出演ジョン・グッドマン アシュトン・サンダース ジョナサン・メジャース ヴェラ・ファーミガ
配給 キノフィルムズ
制作国 アメリカ(2019)
上映時間 109分
公式サイト http://www.captive-state.jp/

(C)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

最終更新日:2020-08-12 00:01:06

広告を非表示にするには