ひとくず 作品情報

ひとくず

少女を地獄から救ったのは人間のくずだった…

ひとくずのイメージ画像1
ひとくずのイメージ画像2

生まれてからずっと虐待される日々が続く少女・鞠。食べる物もなく、電気もガスも止められている家に置き去りにされた鞠のもとへ、犯罪を重ねる破綻者の男・金田が空巣に入る。幼い頃に虐待を受けていた金田は、鞠の姿に、自分を重ね、社会からは外れた方法で彼女を救おうと動き出す。そして、鞠の母であるりんの恋人から鞠が虐待を受けていることを知る。虐待されつつも母親を愛する鞠。鞠が虐待されていると確信した担任教諭は、児童相談所職員を連れてやって来るが、鞠は母の元を離れようとせず、保護する事ができずにいた。金田は鞠を救うため虐待をするりんの恋人を殺してしまう。りんを力ずくで、母親にさせようとする金田。しかし、りんもまた、虐待の過去を持ち、子供の愛し方が分からないでいた。そんな3人が不器用ながらも共に暮らし、「家族」の温かさを感じ本物の「家族」へと近付いていくが。

「ひとくず」の解説

人と人との繋がりや心の琴線に触れる物語を描いてきた劇団テンアンツ代表の上西雄大監督が、30年以上児童相談所に勤務している児童精神科医師の楠部知子先生から「虐待をしてしまう大人もまた傷ついている」という実態を耳にし、傷ついた子供だけでなく、虐待をしてしまう大人にも眼を向けてあげてほしいと制作した感動のエンターテイメント映画。上西雄大が主演を務め、育児放棄する母親役を古川藍が演じる。(作品資料より)

ひとくずのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年3月14日
キャスト 監督・脚本・編集・出演上西雄大
出演小南希良梨 古川藍 徳竹未夏
配給 渋谷プロダクション
制作国 日本(2019)
上映時間 117分
公式サイト http://hitokuzu.com/

(C)上西雄大

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.7点★★★★☆、10件の投稿があります。

P.N.「ss」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-05-05

本日十三で観ました。
やはり静かに泣けました。
いい作品と思いました。
幼少期を演じられた中山むつきさんがよい味をだしておられ
小生のお気に入りです。
作品の中でも魅力的でしたが
舞台挨拶にいらした古川さんが
本当に綺麗な方で輝いておられました。

最終更新日:2021-05-13 09:41:41

広告を非表示にするには