怪盗と判官 作品情報

かいとうとはんかん

加戸敏が監督した作品

泥棒の鼡小僧は悪事が過ぎて江戸にいられなくなり旅に出ることになった。遠山金四郎も家督を弟に譲るため江戸を出奔することになった。二人は箱根山中の茶店で、折から膝栗毛最中の弥次郎兵衛、喜多八とそれぞれ笠を取りちがえたことから一緒に旅をする破目になった。次郎吉の後を追っているのは彼にほれている道中師おれんと、もう一人江戸の目明し伝七であった。金四郎は伝七が自分を追っているものと感ちがいしていた。二人は宿にも泊れず、野宿をするうちに腹が減って旅芸人甚兵衛の一座に転りこんだ。ある宿場町で小屋をかけると、その土地の顔役、藤五郎が一座の娘お雪に懸想し、姉さん株のお蔦もろともさらって行った。二人は別々に行動してお雪とお蔦を救った。

「怪盗と判官」の解説

「ブルーバ」の小国英雄の脚本を「いろは囃子」の加戸敏が監督、「鬼斬り若様」の今井ひろしが撮影を担当した。主なる出演者は「いろは囃子」の市川雷蔵、「悪太郎売出す」の勝新太郎、阿井美千子、市川小太夫、「薩摩飛脚 前篇(1955)」の長谷川裕見子、「青銅の基督」の堺駿二、新人清水谷薫など。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督加戸敏
出演市川雷蔵 勝新太郎 清水谷薫 阿井美千子
制作国 日本(1955)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「怪盗と判官」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-22 00:01:09

広告を非表示にするには