アルファ 殺しの権利 作品情報

あるふぁころしのけんり

名匠ブリランテ・メンドーサ衝撃の問題作!

アルファ 殺しの権利のイメージ画像1
アルファ 殺しの権利のイメージ画像2

大統領の麻薬殲滅政令の元、警察はスパイを送り込み、麻薬組織の一網打尽作戦を決行した。しかし、スパイをコントロールする警官もまた、組織を出し抜いて奪い取った麻薬を裏で捌いていた。家庭では、良き夫、警察署内では誰よりも手柄を立てるやり手警察官のエスピノは、スパイとして雇ったイライジャの情報を元に、麻薬組織の大物アベルを逮捕すべく、SWATと共に現場に乗り込む。激しい銃撃戦の末、多数の死亡者と共に、証拠品の“麻薬”の入ったバックを押さえるが、エスピノは他の捜査官がやって来る前に、それを隠しもって行くのだった。その後、署内では、その証拠品探しが始まり、やがて善と悪、表と裏が入り乱れる止めどない戦いが展開していく。

「アルファ 殺しの権利」の解説

『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞した名匠ブリランテ・メンドーサが、国際的に賛否両論を呼ぶドゥテルテ政権の麻薬撲滅戦争のし烈さと、その裏に潜む汚職と混沌を、映画エンターテイメントを通して国内外に訴える。「のむコレ3」にて上映。(作品資料より)

アルファ 殺しの権利のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年12月6日
キャスト 監督ブリランテ・メンドーサ
出演アレン・ディゾン イライジャ・フィラモー バロン・ゲイスラー ジェイリン・タボネクネク アンジェラ・コルテス
配給 熱帯美術館
制作国 フィリピン(2018)
上映時間 94分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「アルファ 殺しの権利」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-30 17:01:13

広告を非表示にするには