ゾンビランド:ダブルタップ 作品情報

ぞんびらんどだぶるたっぷ

あれから10年。あの4人がゾンビランドに戻ってきた!

ゾンビランド:ダブルタップのイメージ画像1

ゾンビに覆われた世界で、大学生のコロンバスがワイルドな男タラハシー、そしてウィチタとリトルロックの姉妹と出会ってから10年。4人はゾンビと戦いながらも、家族のように今は無人のホワイトハウスで暮らしていた。しかし成長したリトルロックは父親のように振る舞うタラハシーが疎ましくなり、またウィチタも自分の道を歩もうとし、二人はホワイトハウスを出て行ってしまう。その一方、ゾンビはより強力に進化していた。

「ゾンビランド:ダブルタップ」の解説

ゾンビ映画として当時最大のヒットを飛ばした『ゾンビランド』の、10年後のまさかの続編で、4人の主要キャストや監督、脚本家は前作から続投している。この10年の間にウィチタ役のエマ・ストーンは『ラ・ラ・ランド』でブレイクし、監督のルーベン・フライシャーは『ヴェノム』、脚本の2人は『デッドプール』というヒット作を生み、今や売れっ子になった。映画の舞台は前作から10年後、子供だったリトルロックも大人になり、4人だけの生活には物足りなく、外の世界へ他の人間を探しに行きたくなっている。ゾンビだらけの世界で生き残っているのは果たしてどんな人たちなのか。もちろん本作はコメディなので、出会うのは「アクション映画的にサバイバル能力が高い人々」ではなく、どこかズレて笑いを誘うキャラクターばかり。ゾンビはたくさん出てきてゴア描写はあるもののほぼやられ役なので、怖いものが苦手という人でも大丈夫だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月22日
キャスト 監督ルーベン・フライシャー
出演ウディ・ハレルソン ジェシー・アイゼンバーグ エマ・ストーン アビゲイル・ブレスリン ロザリオ・ドーソン ルーク・ウィルソン ゾーイ・ドゥイッチ ビル・マーレイ
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2019)
年齢制限 R-15
上映時間 99分
公式サイト http://www.zombie-land.jp/

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ゾンビランド:ダブルタップ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-14 00:01:02

広告を非表示にするには