マチネの終わりに 感想・レビュー 21件

まちねのおわりに

総合評価4.29点、「マチネの終わりに」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「還暦おばさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-06-09

福山さんて何故かあまり好きでは無かったのですが、この映画でファンになりました。演技が上手かったのですね。
石田さんも優しさの中に、力強さ儚さがあってとても良かった。
マネージャー役の方は女の嫌らしさが上手く出てて、あ~いるいるこういう人と頷けました。
感じ方考え方を通して深く惹かれ合う、大人ゆえ考え過ぎてしまう2人。何回でも見れそう。

P.N.「都」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-01-15

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

とっても良い映画でした···。心に静かに染み込んで行くギターの旋律。人と人、心と心のすれ違い、そして、人の其々の想い···。運命はどうして、こうも切なくすれ違って行くのか···筆舌し難い現実···。ひたひたと心に静かに訴え掛けてきて、その想いが、溢れ出していく感じ。最後に又、心が通じ合えて良かった···。久々に良い映画を観て心に染み入り、泣きました···。やっぱり、音って大事ですね。心を動かすのに凄い力を発揮する。

P.N.「レイレイ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-12-19

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

原作を読んだあと、やはり映像を見たいと思い、ロードショー最終日に滑り込みました。大人の恋愛は、相手の幸せを静かに思いやるもの、その気持ちが素敵でした。三谷の愚かさも人として理解できる気がしますが、原作よりは良い人になっていましたね。音楽ももう一度聴きたい、とても良い映画でした。

P.N.「ダッフォディル」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-12-05

海外ロケやフランス語や英語、
ロマンチックな街並み、レストランや劇場、パーティーと、なかなかおしゃれな設定と役者さん。
その一方で、小悪魔的なマネージャーの存在とスマホを忘れてしまうドジな福山さん演じるマキノのせいで、家庭まで失うことになる石田さん演じるヒロインは、白鳥の湖のようなドラマチックさでありながらもコメディにも見えてしまう。
でも、やっぱり、ギターの音色で超ロマンチックなラストシーンに仕上がりました。
石や水も記憶の布石として、映画の中で効果的に使われていました。見る人に心象風景を感覚で伝わりました。

P.N.「チャモコ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-12-01

福山さん石田さん二人とも大好きなので 内容はともかく見に行きました…期待より更に内容がよくて感動しました
とりたててファンじゃない友達も観た後で、良かった~って言ってました
ギターの音色がずっと頭に残ってます
CD買おうと予約しました😁

P.N.「くまけ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2019-11-28

私的にはあのおわりじゃ、第2章があってほしい

P.N.「たま」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-26

クラシックギターの奥深さと、大人の恋愛感がマッチして、とても良かった!

P.N.「流れる水のように…、すべてを浄化し。」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-26

メインテーマ曲に、引き付けられ、独特の映像美に引き付けられ鑑賞してしまいました。

見終わって、全身を幸福感が包みます。

個人的に好きなソルの『幻想曲』を連想させる楽曲だから心引かれたのですね。

ギター音楽は、植民地支配の闇とキリスト教の布教の光とも関係して、世界へ伝来しました。

光と闇、コインの裏と表のように人生は、表裏一体。

そして、流れる水のように、絡み合い溶けあい浄化しあい、時に、雪のように昇華し人生のドラマは、展開する。

教会の街長崎と福山さんとギターも偶然ではないでしょう?

その手にした硬貨では買えない、何かを、手に入れられる正に、幸福の組曲のような映画。

洋邦通して、今年、最高の作品です。

P.N.「takoさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-26

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

お互いに大好きなのに運命のイタズラのせいで別れ離れに、蒔野のマネージャーさんはいくら蒔野が好きだからってあんなに酷いことをするなんて。考えられない。でも運命の糸でずっと結ばれいたんでしょうね。最後は蒔野と洋子が再会出来て本当に良かったです。また、洋子役の石田ゆり子可愛くてステキでした。

P.N.「kjr」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-25

音楽や映像がストーリーとマッチしていて その全てがこの季節にぴったりな作品 2回見ましたが違う感動が味わえた 
長く愛されそうな映画

P.N.「カオリン」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-11-22

音楽が素敵で今も頭の中で奏でています
吹き替えなしの福山さんのギター最高です 久々に大人の恋にうっとりさせて頂きました

P.N.「mieux」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-21

音楽や映像がとても良かったです。
お洒落すぎないインテリアはリアリティがありました。
もう一度見たいです。

P.N.「mieux」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-20

音楽、映像が良かったです。
お洒落すぎないインテリアはリアリティがありました。
もう一度見たいです。

P.N.「ふらた」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2019-11-19

マネージャーの存在、真の後の告白など、もどかしいものがある。

P.N.「ラキレオ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2019-11-19

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

キャスティングに釣られて、初日を楽しみに観ましたが、
ストーリーも、心情の描写も雑で、伏線も脈絡もなく、
陳腐に感じました。
観てる途中で、嫌気がさしてきて。
マネージャーの横槍で、すぐ壊れてしまう関係?
で、確かめる術はあったはずなのに、それもせず、マネージャーと結婚して子供が出来てて。
はぁ???
って、ガッカリというか、お粗末というか。
福山雅治のギターは吹き替えなしとの事で、素晴らしかったし、全編に流れるギター曲は良かったです!サントラ、置いてあったら買って帰ったかも。
なくて残念でした。
石田ゆり子さんは、もっとお綺麗なはずなのに、なんか、映像テク?やつれて顔色もくすんだ印象で、ファンな私は、そこにもガッカリでした。

P.N.「kaz」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-17

メインの曲も蒔田演奏する「幸福の硬貨」も音楽がすごく良かったです。パリの街並みやニューヨークセントラルパークもキレイでした。洋子役の石田ゆり子がとても素敵でした。好きですこの映画。。。

P.N.「たまたま」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-16

芸術家とジャーナリストの恋…それを取り巻く人間ドラマ…
そんなことがあり得るのか?という展開には、そうであったのだと納得してからの映画鑑賞でした。
ですから、役者さん方の演技がいかほどかという所に興味がありましたが、石田ゆり子さんはやはり演技派で、ジャーナリストとしては優しいイメージの彼女が役にハマるか心配でしたが、とても魅力的に演じてくださったと思います。思った以上にマチネの世界観を満喫できました。
福山雅治のクラシックギターリスト姿、クラシックギターが終始映画を引き立てる、音楽の持つ魅力と映像がマッチして大変切ない美しい物語が堪能できました。

P.N.「ヒロ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-11

素敵な大人の映画でした。すべての映像が美しく全編にながれる音楽は優しく心に響きます。海外のシーンでも違和感がないのは主演の福山さんと石田さんが美しいからでしょう。石田ゆり子さんのジャーナリスト役はどうかな?と思ったのですが力強く演じていてすっかり魅了されました。2人のじゃまをするマネージャー役を桜井ユキさんが好演していますが、彼女の気持ちもわかるなぁ。
誰にでも過去ににた経験があると思います。思い出がよみがえってきて少し切なくなりました。「未来はいつも過去を変えている」劇中のキーワードに励まされ、あとで不思議と心地よい余韻が残りました。あれハッピーエンドですよね?

P.N.「かずちん」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2019-11-06

口コミが良かったのと、石田さんのファッションが好きなのと、旅行に訪れたパリやマドリードの景色が映像で観たかったので。感想は期待ほどではなかったです。
福山さんのギター演奏は良かったです。脇役の伊勢谷さんや桜井さんの演技のほうがうまかったような。
もう少し、ラストのシーンをみさせてほしかったです。
最近は、韓国映画の方が、正直ストーリー、見せ方がしっかりしていて、良い映画が多いような気がします。

P.N.「sanjuro」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2019-11-04

原作既読。思っていたよりイイ雰囲気に仕上がっていました。もちろん原作が世界の様々な問題に数多く触れているのに比べ、そこはサラリとしか描かれていない為、特に洋子の人間性、魅力が少々分かりづらくなってはいるけど…仕方が無いのかな…と思います。気になったのが三谷さん。後半イイ人に描かれ過ぎな気が…。原作ではバレちゃった!的だったような…。その方がドラマチックで良かったと思うのだが。あとラストシーン、もっともっと工夫して胸いっぱいにさせて欲しかったなあ。

最終更新日:2020-10-26 13:26:05

広告を非表示にするには