小さい魔女とワルプルギスの夜 作品情報

ちいさいまじょとわるぷるぎすのよる

世界的児童文学「小さい魔女」、初の実写映画化

小さい魔女とワルプルギスの夜のイメージ画像1
小さい魔女とワルプルギスの夜のイメージ画像2

森の奥でカラスと暮らす“小さい魔女”の夢は、魔女のお祭り“ワルプルギスの夜”に招待されること。しかし、参加できるのは大きい魔女だけ。127歳の“小さい魔女”はまだまだ半人前で、今年も招待状は届かない。あきらめられない“小さい魔女”は、こっそりと祭りに忍び込む。だが、喜んだのも束の間、ルンプンペルおばさんに見つかってしまった。大目玉を食らいながらも、何とか一番えらい“大きい魔女”から、来年のワルプルギスの夜で“良い魔女”のテストに合格したら、踊ってもいいと約束してもらう。ただし、もし出来なければ、恐ろしい罰が待っている。帰宅した“小さい魔女”は、さっそく“大きい魔女”から渡された魔法辞典を開き、1年で7,892個の呪文をすべて覚えるという宿題に取りかかる。

「小さい魔女とワルプルギスの夜」の解説

全世界47ヶ国で翻訳され、60年間世界中で愛され続けている児童文学の傑作「小さい魔女」を、『パディントン』のスタジオカナルが実写映画化。半人前の“小さい魔女”と“相棒カラス”の成長を描く至極のファンタジーだ。主演は『パフューム ある人殺しの物語』のカロリーネ・ヘルフルト。監督は『ハイジ アルプスの物語』で編集を手掛けたミヒャエル・シェーラー。(作品資料より)

小さい魔女とワルプルギスの夜のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月15日
キャスト 監督・脚本マイク・シェーラー
原作オトフリート・プロイスラー
出演カロリーネ・ヘルフルト ズザンネ・フォン・ボルソディ
声の出演<日本語吹替え版>坂本真綾 山寺宏一
配給 ショウゲート
制作国 ドイツ=スイス(2018)
上映時間 103分
公式サイト https://littlewitch-movie.jp/

(C)2017 Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Zodiac Pictures Ltd / Studiocanal Film GmbH / Frank-Markus Barwasser - All Rights Reserved

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「小さい魔女とワルプルギスの夜」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-16 00:01:01

広告を非表示にするには